soul jemの聖地巡礼日記

アニメや歴史の聖地巡礼記録

新選組と幕末 函館編 その5 五稜郭

どうも、soul jemです。

 

 

新選組編、お久しぶりです、、、

 

 

さて、前回にひき続き五稜郭タワーの紹介です、、、

f:id:souljem:20190705045626g:plain

刀と銃を持つ土方おじいちゃん、かっこいい〜!

 

ゴールデンカムイ3期決定おめでとうございます、、、

 

待ち遠しいですね、楽しみにしております、、、!

 

 

 

さて、前回五稜郭タワーの展望台をご紹介したのですが、今回はエレベーターで展望台を下り1、2階のアトリウムに行ってみましょう、、、

 

エレベーターを降りてすぐに広々とした開放的なアトリウムが広がります、、、

 

おお~、、、とっても綺麗で気持ちいいですね、、、

f:id:souljem:20190711184008j:image

ベンチや休憩できるスペースがたくさんあって、歩き疲れた身体には有難いです、、、

f:id:souljem:20190717043626j:plain

函館の人気店、ミルキッシモさんのアイスクリームを頂きながらしばらく休憩させて頂きました、、、

 

とっても濃厚で美味しかったですよ、、、ヒンナ、ヒンナ、、、


おお、大砲です、、、本物なのか、、、

f:id:souljem:20190711183946j:image

と思ったら模型でした、本物は五稜郭内にあるそうです、、、

 

 

こちら、我らが総裁、榎本武揚、、、
f:id:souljem:20190711183952j:image

土方は榎本武揚に、亡き近藤勇の面影を重ねたと聞きます、、、

そして榎本も土方をとても頼もしく思い、信頼していたとも聞きます、、、

f:id:souljem:20190718030955g:plain

共に徳川の幕臣として、最後まで諦めない姿勢が二人を結びつけたのでしょう、、、

 

榎本は、土方が戦死した事を知らされた時、大いに怒り嘆き、自ら出陣しようとしたところ周囲に止められた、というエピソードがあるそうです、、、

 

二人が信頼し合っていた事の証ですね、、、

 

ちょっとジーンときてしまうエピソードです、、、
f:id:souljem:20190711183949j:image

その後、降伏し新政府に仕え出世した事実から「武士の風上にも置けない」などとあまり良い評判はありませんが、その後の北海道と日本に大きく貢献したのは間違いありません、、、

 

彼はただ純粋に今後の日本を憂えていたのではないでしょうか、、、武士ではなく政治家だったのでしょう、、、

 

私は好きです、、、とても感謝しています、、、彼がいなければ土方はもっと早くに亡くなっていたのではないでしょうか、、、

 

函館での活躍もなかったかもしれません、、、

 

土方歳三がここ函館で英雄になれたのは彼がいたからだと私は思います、、、

 

だって、死に場所を探し自暴自棄になっていた土方に最後の希望を与えた人ですよ、、、感謝しかありません、、、

 

 

武田斐三郎
f:id:souljem:20190711183959j:image

この方も幕臣五稜郭や弁天台場の設計者です、、、

あの独特な形の五稜郭を設計したのはこの人だったのですね、、、
f:id:souljem:20190711184004j:image

勉強になります、、、

 

開陽丸
f:id:souljem:20190711183956j:image

この船が沈むほどの嵐って、、、どんだけ激しかったのでしょうか、、、

 

本当に悔やまれます、、、

 

 

チケット売り場の壁面にはこんな演出も、、、

f:id:souljem:20190718041311j:image
f:id:souljem:20190718041317j:image

画像左の相馬主計新選組隊士です、、、土方が死んだ後、新政府軍に降伏するにあたり、事務的とはいえ最後に新選組の代表として戦後の責任を負う立場を引き受けたのが相馬です、、、

f:id:souljem:20190725044120j:plain

新選組の最後の局長ということですね、、、

彼もまた京都からの隊士で、一度近藤と共に新政府軍に捕まりますが、近藤の強い嘆願で命を救われます、、、その時の恩もあったのでしょう、全ての責任を負って降伏したのです、、、
f:id:souljem:20190718041314j:image

こういう、隊士一人一人に熱いエピソードがあるのがまさに新選組の魅力ですね、、、

 

 

さあ、ありました、、、広いアトリウムの中でひときわ日の当たる目立つ場所に、、

f:id:souljem:20190725195112j:image

もうひとつのブロンズ像、、、

 

これだけで扱われ方が違うのがわかりますよね、、、

 

まさに英雄です、、、

 

 

か、かっこええ~~~~!
f:id:souljem:20190725195108j:image

こちらも小寺眞知子さんの制作で、戦場から戻った土方が馬上から降りた姿を再現したそうです、、、
f:id:souljem:20190725195100j:image

しかし、カッコ良すぎませんか、、、

 

想像で作られた像なのですが、小寺さんセンス良すぎです、、、

 

 

そしてこちら、、土方歳三 手植えの矢竹、、、
f:id:souljem:20190725195115j:image

なんと、東京、日野市にある生家「土方歳三資料館」から1985年に株分け、寄贈されたものだそうです、、、

 

まだ幼い土方歳三が、「われ壮年、武人となって名を天下に挙げん」と侍になって将来、世に出ることを誓い、自ら庭先に植えたと伝えられています、、、

 

マジか、、本物なのか、、、すごい、、、来て良かった、、、

 

なるほど、だから日当たりの良い場所に展示してあるのですね、、、
f:id:souljem:20190725195118j:image

いつか、日野にも行ってみたいものです、、、

いえ、絶対行きます、、、

 

しかし、絵になりますね、、、
f:id:souljem:20190725195103j:image

函館と土方歳三、、、

 

ヒジカタ君

f:id:souljem:20190815032623j:plain

函館をPRするキャラクターだそうです、、、

 

素晴らしい、、、頑張れヒジカタ君!

 

そしてこちら五稜郭タワーのお土産ショップ、とっても広くて、ものすごい品揃えです、、、

f:id:souljem:20190816183155j:image
f:id:souljem:20190816183144j:image

かわいいですね、、、ヒジカタ君、、、
f:id:souljem:20190816183147j:image

いい仕事してます、、、

 

おお、なんと、、、土方らぁめん、、、

f:id:souljem:20190816183151j:image

何をもって土方らぁめん、、、

なに、、、道産小麦100%、しかも炙り風味塩味だと、、、

なんか分からんが美味そうだ、、、

 

これ、、、
f:id:souljem:20190816183449j:image

外国人の方は買っちゃうんでしょうね、、、
f:id:souljem:20190816183446j:image

やはりありました、、、ご当地薄桜鬼、、、
f:id:souljem:20190816183438j:image
f:id:souljem:20190816183442j:image

さすがの人気です、、、

f:id:souljem:20190817031254j:plain

ドラえもんがだんだら羽織着ていますね、、、

、、、ってどっから出て来たんだよ、ドラえもん、、、

まさか、浅葱色がドラえもんっぽいから、、、、、、いやいや、まさかね、、、

 

っとまあ新選組関連だけでもこんな感じ、、、他にも五稜郭コーナーや雪ミクコーナーなど膨大な数の品揃え、、、

見てまわるだけでもとっても楽しいですよ、、、

 

 

出ました、土方歳三コンテスト、、、 

f:id:souljem:20190817032755j:plain

これはもう有名です、、、 

しかし、32年前から行われているのですね、、、どんな人が優勝されたのか気になるところです、、、

 

 

さて、それでは再建された函館奉行所がある五稜郭内に行ってみましょう、、、

 

 

続きはその6へ、、、

 

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、