soul jemの聖地巡礼日記

アニメや歴史の聖地巡礼記録

氷菓 聖地巡礼 その6

どうもsoul jemです。

 

 

さんまちを歩く古典部、、、 

f:id:souljem:20191010060612p:plain

いいですね、、、素敵です、、、

 

でもやっぱり奉太郎はめんどくさそう、、、これぞ氷菓です、、、

 

 

 

さて前回、中途半端に終わった夜の高山編の続きと参りましょう、、、

 

 

 

夜のさんまちを満喫した私は、、、

 

 

まちの交流館を出て、今夜の夕食を求め再び商店街へ、、、

f:id:souljem:20191011013955j:image

やはり夜のさんまちは素敵です、、、

 

夜の招き猫
f:id:souljem:20191011014005j:image

おお、不気味だ、、軽くホラーですね、、、

 

なにっ、、、土方肉蔵、、、
f:id:souljem:20191011014022j:image

わ、わたし、、気になりますっ!!!

 

ですが、、ひとりで焼肉店に入る勇気もなく、、、

 

やはりひとりは遠慮しちゃいますよね、、、

 

ホテルでコンビニ飯でもよかったのですが、せっかくなので高山っぽいものも頂きたいのも本音、、、

 

 

しばらく放浪したのち、、、結局、駅前まで、、、
f:id:souljem:20191011014015j:image

おお、ライトアップされた高山駅、、、大人っぽくて綺麗です、、、これは嬉しい誤算でした、、、

 

 

そして、疲れ果てた私が辿り着いたのは、、、

 

 

飛騨居酒屋おりじん
f:id:souljem:20191011013958j:image

こちら、おりじんさん、私の様な得体の知れないひとり客でも快く対応してくださいましたよ、、、

 

感謝です、、、

 

 

ここからは少し、私の味わった飛騨高山の料理を紹介したいと思います、、、

 

 

とりあえずビールで今日の疲れを洗い流して、、、う~ん、しみます、、、!

 

 

まずは、お通し、、、
f:id:souljem:20191011013952j:image

そして注文したのは、、、

 

飛騨牛の串焼き
f:id:souljem:20191011014018j:image

うま~~~い!!!

 

なにこれ、めっちゃ柔らかいんですけど~、、、

 

嚙みしめると口中に肉汁がぶわ~っと溢れます、、、

 

塩胡椒のみの味付けが飛騨牛そのものの味わいを引き立てて、、、美味です、、、

 

普通、霜降り肉って脂っぽくてあまり多くは食べられないのですが、この飛騨牛は脂の質が良いのか全くしつこくありません、、、いくらでも食べられそうです、、、

 

後半は添えられたレモンを搾って、、、

 

肉の旨味とレモンの酸味が合わさって更にサッパリ美味、、、

 

 

飛騨高山に来たのなら絶対に味わうべき飛騨牛、堪能させて頂きました、、、

 

さんまちの露店でもたくさん販売されていますよ、「じゅげむ」さんが有名ですね、、、

 

是非、、、

 

 

そして、お次に注文したのが、、、

 

 

飛騨豚の串カツ
f:id:souljem:20191011014009j:image

私、飛騨豚というものがある事自体知りませんでした、、、

 

これだけで来た甲斐があったというものですね、、、では、、、

 

サク、ジュワ~~~~~!!!

 

いいですね、、、しっかりとした弾力と衣のサクサク感、これはビールが進みます!!

 

脂の風味が濃厚で、これまたクドくない、、、

 

飛騨豚も侮れません、美味いです、、これはハイボールにも良く合いますね、、、

 

 

そしてお次に、気になって注文したのが、、、

 

 

あげづけ
f:id:souljem:20191011014013j:image
こちら、飛騨地方に古くからある郷土料理なのですが、醤油だれを染み込ませた油揚げを表面がカリッとなるくらい炙って、生姜醤油を付けて頂くという、実に酒飲みには嬉しい逸品、、、

 

これ、すっごく気に入りました、、、

 

食感がサクサクで、中はフワッと大豆の風味が広がります、、、生姜醤油 ともよく合って実にほっとする味、、、

 

これには日本酒がいいですね、、、

 

 

 飛騨牛のにぎり

f:id:souljem:20191011053219j:plain

もはや飛騨高山料理の代名詞と言ってよいでしょう、、、

 

これを食べなきゃ帰れません、、、

 

お店によって牛肉の違いはあるのでしょうが、こちらは赤身でさっぱりしたタイプのにぎり、、、年寄りにはちょうどいいですね、、、

 

ワサビをのせて一口で、、、

 

う~ん、しみじみ美味いですね、、、赤身なのに柔らかい、、、

 

 

高山の街には、至る所にこの飛騨牛にぎりのお店があります、、、

 

特に、さんまちにある「こって牛」さんと「坂口屋」さんは常に行列の絶えない人気店で有名です、、、

f:id:souljem:20191015043556j:plain

(こって牛さんのHPから拝借) 

 

おせんべいにのったかわいいルックスは外国人や女性に大人気です、、、

 

色々なお店の味を食べ比べてみるのも良いのでは、、、

 

是非、、、

 

 

そして、最後に注文したのが、、、

 

 

本日の焼き魚

f:id:souljem:20191011053245j:plain

「本日の」とメニューにあったので何が出てくるのかな、、と思ってましたが、、、 

 

鮎です、、、

 

しかも2本も、、、普通、秋刀魚だとか鯖が出てくると思いますよね、、、

 

さすが清流の街、高山、、、これは最高に嬉しい誤算ですね、、、

 

では、頂くとしましょう、、、

 

んま~~~~い!!!

 

普段、鮎を頂くことなどない私は、しみじみとその味と香りに感動するのでした、、、

 

しかも、少し強めの塩と、ワタの苦みでお酒がススむススむ、、、

 

 

いや~、少し飲み過ぎてしまいました、、、

 

しかしながら、飛騨高山の味と美味しいお酒を十二分に堪能しました、、、

 

スタッフさんも優しくてとても心地よい時間を過ごさせて頂きましたよ、、、

 

おりじんさんに感謝です、、、ありがとうございました、、、

 

皆さんも氷菓聖地巡礼に訪れた際には是非、、、おりじんさんへ、、、

 

かなりオススメです、、、

f:id:souljem:20191015044741j:plain

夜の駅前通りもいいですね、、、

 

なんかグルメブログみたいになってしまいましたが、、、、、、

 

いいんです、、、

 

聖地巡礼には、舞台となった土地の味や文化を楽しむのも魅力のひとつ、、、

 

せっかく長い時間をかけてやってきたのですから、、、 ね!

f:id:souljem:20191015055451j:plain

おお、夜の商店街には酔っぱらった外国人たちが多く見受けられます、、、

 

何を言っているのか分かりませんが、実に楽しそうです、、、

 

こ、これが、本場のパリピパリピというものなのか、、、

 

関わらないようにして、、、

 

 

 

さて、、、

 

 

初日に詰め込み過ぎたので今日はかなり疲労困憊でしたが、、、

 

明日は更に過酷なスケジュールを予定しています、、、

 

正直、周りきれるか自信がありません、、、

 

なので今日はこれでホテルに戻って休むことにしましょう、、、

 

 

切りが良いので、続きはその7で、、、

 

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、

 

 

 

 

氷菓 聖地巡礼 その5

どうもsoul jemです。

 

 

氷菓 聖地巡礼 高山市街編、まだまだ続きますよ、、、

f:id:souljem:20191003042426j:plain

この愛すべき古典部4人が 暮らす街、飛騨高山、、、

 

私の思っていた以上に奥が深いです、、、

 

現在、外国人観光客に圧倒的な人気を誇るこの高山、、、

 

もはや日本人より多いのでは、、、と思うほど、、、

 

気になります、、、よね、、、

 

 

私の第一印象は、、、

 

こんな山奥に都会があるんだ、、、

 

でした、、、

f:id:souljem:20191003060244j:plain

 しかしながら、、、

 

その都会の側には風光明媚な街並みや清流、長い歴史の中で培ったこの土地ならではの郷土の技術や味、、、

 

実に奥深く素晴らしいものでした、、、

 

多くの外国人に支持される理由が分かった気がします、、、

 

それだけここ飛騨高山は魅力的なのです、、、

 

 

さあ、今回はその奥深い高山の魅力を交えて、氷菓の聖地を紹介していきたいと思います、、、

 

それではいってみましょう、、、

 

 

よ~しやらかすぞ~~~!

 

 

 

 

まずはこちら、、、

 

 

高山市図書館 煥章館

f:id:souljem:20191003194905j:image

f:id:souljem:20191004031417j:plain

「連峰は晴れているか」で奉太郎が珍しく気になる事を調べに訪れた図書館、、、

 

そして、奉太郎の好奇心をくすぐるものがこの世にあった事に驚き、それが一体どれほどのものなのか気になった千反田は、それを手伝う事に、、、

 

このエピソードは私的にとても大好きで、、特にラストの鍛冶橋のシーンはストーリー的にも重要な要素を持っていると私は思います、、、

 

 

おお、、、なんとも趣のある洋風建築、、、

f:id:souljem:20191003194902j:image

とても図書館とは思えない異国情緒、、、

f:id:souljem:20191003194909j:plain f:id:souljem:20191004034340j:plain

図書館ですので観光客が来るわけではないのに、次から次へと人と車が往来しています、、、

 

地元に愛されている施設なのですね、、、

 

 

おお、、、

f:id:souljem:20191004034735j:plain

「お待ちしてました折木さん、小木先生の情報、見つかりましたよ、、、」

 

いいですね、、、「舞台めぐり」さんに感謝です、、、

 

以前、奉太郎のバースデーイベントもこちらであったそうですよ、、、

 

しかし、本当に立派な建物です、、、

f:id:souljem:20191004043326j:plain
京アニの仕事なので館内もさぞ忠実に再現されていることでしょう、、、

 

厳島神社とふんころがしの本もあるのでしょうか、、、気になります!

 

 

申し出て撮影許可を得ることも出来るそうですが、やはりここは図書館、書籍を静かに鑑賞する場所ですので、写真をパシャパシャなんてやめておきましょう、、、

 

この素晴らしい建築美を見ることが出来ただけで感謝です、、、

 

 

そしてそのあと、図書館を出た二人は鍛冶橋を渡って本町商店街で別れるのですが、そこで千反田は奉太郎に「何故、この件だけ気になったのか、、」と質問します、、、

 

私はこのシーンが大好きです、、、忘れられません、、、

 

 

 それがこの鍛冶橋、、、

f:id:souljem:20191006052234j:plain

オープニングでタイトルと同時に登場する橋のはまさにこの橋です、、、

 

宮川朝市や古い町並で知られるさんまちへと続く橋なので、人や車の往来はかなりのものです、、、

f:id:souljem:20191006052645j:plain

こちら、有名な足長さん、、、反対側には手長さんもいらっしゃいます、、、

f:id:souljem:20191007041932j:plain

なんかいい感じの小道ですね、、、後で散歩でもしてみましょう、、、

 

 

そして、ここが大事なシーンの場所、、、

f:id:souljem:20191007035630j:plain

f:id:souljem:20191007035506j:plain

前回紹介したサイクリングコースのスタート地点ですが、シーンが変わると重みがずいぶんと違ってきます、、、

 

 

そう、ここなんです、、、 

f:id:souljem:20191006052830j:plain

このみたらし団子屋さんの前で奉太郎が語った言葉は、千反田にとって大きな意味があったのではないかと思うのです、、、

 

「無神経だった」、、、「人の気も知らないで」、、、「気を付けないと」、、、

f:id:souljem:20191007035754j:plain

f:id:souljem:20191004191315j:image

「折木さん、、それって、、、、」

 

 

人それぞれの感じ方があるので、はっきりとは言えませんが 、、、

 

 

この場所で千反田は、奉太郎の「優しさの理由」を知ったのではないでしょうか、、、

 

 

私はそう感じてしまいました、、、

 

 

 

さて、せっかくなので高山名物のみたらし団子を頂くとしましょう、、、

 

こちら、二四三屋さんは大人気店で、いつも行列ができています、、、

f:id:souljem:20191007054412j:plain

おお、香ばしくてもちもち、、、美味い、、、

 

こちら高山のみたらし団子は、普通のみたらしと違って甘くなく醤油味、甘味というよりおつまみ感覚です、、、ビールや日本酒にも合いそうです、、、

 

とっても美味しくて、滞在期間中に4本も頂いちゃいました、、、

 

 

そしてこちらが古い町並として知られるさんまち、、、

f:id:souljem:20191007191017j:image

すごい人の数です、外国人いっぱい、、、

 

これでも今日は少ない方なのだそう、、、

 

 

このさんまちエリアは高山に訪れた方ならほぼ間違いなく向かう場所ですね、、、

 

国の伝統的建造物群保存地区に指定されていて、明治、大正時代に建てられた町家が軒を連ね、歴史ある景観が残っています、、、

f:id:souljem:20191008041448j:plain

昔ながらの情緒ある雰囲気は本当に魅力的で、一瞬で好きになってしまいました、、、

 

出格子が素敵ですね、、、
f:id:souljem:20191007191317j:image

連なる町家の軒下には、この様に綺麗な用水が流れていてとても清涼感があります、、、
f:id:souljem:20191007191329j:image

外国人が多く訪れる意味が分かる気がします、、、
f:id:souljem:20191007191302j:image
街並みの保存には徹底されていて、、、

 

歯医者さんも、、、
f:id:souljem:20191007191334j:image

セブンイレブンも、、、
f:id:souljem:20191007191314j:image

コカ・コーラも、、、

f:id:souljem:20191008044948j:plain

実にシックです、、、

 

 

そして、なんと言ってもさんまちにはこちらのお店が、、、

 

 

 喫茶古 かつて

f:id:souljem:20191007191325j:plain

入須先輩とお茶をしたお店ですね、、、

f:id:souljem:20191007191310j:plain

f:id:souljem:20191009031603j:plain

作中では「喫茶 一二三」となってます、、、


今回は入店しませんでしたが、次回来た時は名物「あまがさね」を頂きたいと思います、、、 

f:id:souljem:20191008045454j:plain

まさに和モダンな感じで素敵な店構えです、、、

 

メニュー

f:id:souljem:20191008045547j:plain

さんまちの中でも有名な大人気店です、、、

 

 

さて、気づけば初日だけでその5まで書いてしまいましたが、、、正直めちゃくちゃ疲れました、、、

 

今日の巡礼はこのくらいにして、この後はせっかくなので高山の夜をじっくり楽しむとしましょう、、、
f:id:souljem:20191007191320j:image

今回の宿、フォーシーズンさんに戻って ホテル自慢の高山温泉を満喫した私は、休む事なく再びさんまちに向かったのでした、、、

 

しかしここ、高山という街は朝市で有名な為か夜がとても早いのです、、、

 

特にさんまちの店閉いは早く5時くらいにはほとんどの店が閉まってしまいます、、、

f:id:souljem:20191009040329j:image

しかし私は、人でごった返すさんまちより、ひっそりと佇む静かなさんまちを見てみたかったのです、、、
f:id:souljem:20191009040323j:image

どうですか、、、この風情ある素敵な街並み、、、時代劇の中に入り込んだ様、、、

 

誰もいません、まさにこれを味わいたかったのです、、、素晴らしい、、、

 

 

そこで訪れたのがこちら、、、
f:id:souljem:20191009040326j:image

船坂酒造店
f:id:souljem:20191009040320j:image

銘酒「深山菊」で有名ですね、、、

 

こちら、さんまちでは珍しく20時まで営業されていて、夜のさんまちと高山の清流が生む日本酒を堪能するのにはベストなスポットと言ってよいでしょう、、、
f:id:souljem:20191009040317j:image

店舗の奥には日本庭園の様な中庭があり、そこでいろいろな種類の日本酒を試飲出来るのです、、、
f:id:souljem:20191009040313j:image

私は深山菊の純米吟醸酒を頂きました、、、

熟したメロンの様な香りで口に含むとスッキリとした甘さが広がります、、、

f:id:souljem:20191009040333j:image

各席に置かれている塩を舐めながら飲むとさらに甘さに深みが増します、、、

 

美味い、、、

 

いいですね、粋です、やはり酒どころ高山に来たのなら日本酒を頂かないと、、、

 

そう、、、

 

米の一粒は、汗の一滴なのです、、、

 

 

 

飛騨高山 まちの体験交流館

f:id:souljem:20191009183621j:image

こちらの施設の広場は21時まで無料開放されていて、自由に出入りできますよ、、、

歩き疲れてちょっと休憩、という時に便利です、、、
f:id:souljem:20191009183618j:image

いい感じにライトアップされていて、とても気持ちいいです、、、
f:id:souljem:20191009183625j:image

トイレもとっても綺麗ですよ、、、
f:id:souljem:20191009183609j:image

先ほどの船坂酒造店で地酒を買ってここでしみじみ味わうのも良いかもですね、、、(マナーを守って利用しましょう)
f:id:souljem:20191009183613j:image

船坂酒造店とこちらのまちの交流館に来るだけでも、十分夜のさんまちを訪れる価値があると思いますよ、、、

 

ほとんどの方はこの夜のさんまちには訪れません、、、まあ店が閉まってるのですから当然ですが、、、

 

だからこそあえて私はオススメします、、、

 

 

誰もいない静かな古い街並みを、日常を忘れてのんびりと歩いてみるのも一興なのではないでしょうか、、、

 

 

是非、、、

 

 

 

少し中途半端ですが、長くなってしまいましたので夜の高山の続きは次回にするとしましょう、、、

 

 

続きはその6へ、、、

 

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

 

ありがとうございました、、、 

 

 

 






 

 


 

氷菓 聖地巡礼 その4

どうもsoul jemです。

 

 

これぞ氷菓、、、という画像ですね、、、

f:id:souljem:20190924041059j:plain

オープニングで毎回登場するのでファンの方ならお馴染みですよね、、、

 

しかしながら、この一枚は実に良く出来ています、、、

 

古典部4人の生き生きとした描写もさることながら、背景の美しさが際立ちます、、、

 

綺麗な川とその川面に写る街並み、、、空と雲のコントラスト、、、

 

見事としか言いようがありません、、、

 

何よりもこの一枚には、舞台となった飛騨高山らしさが詰まっているのです、、、

 

 

この川は宮川、、、まさに高山のシンボルで、この宮川を中心に高山という街が形成されています、、、

 

そして、この川の側で毎日行われる朝市が宮川朝市、、、高山の名物です、、、

 

画面右上に写ってますね、、、

 

 

他にもオープニングでは、、、 

f:id:souljem:20190924045935j:plain

これも宮川、、、

f:id:souljem:20190924045956j:plain

これも宮川です、、、

 

氷菓の中で描かれる宮川と高山の街の風景は、どれも印象的で美しく、アニメファンでなくとも「綺麗、、この街どこなんだろう、、、」と思うでしょう、、、

 

だから行ってみたくなるのです、、、

 

この高山の美しさを、これ程までに表現できたのは京都アニメーションの愛と実力があってこそ、、、

 

 

さあそれでは、この京アニの愛に溢れた高山の街を、じっくりと散策してみましょう、、、

 

 

 

まずはこちら、、、

 

高山駅の南側なのですが、、、分かりますかねぇ?

f:id:souljem:20190924191206j:image

分かる方はかなりの氷菓ファンとお見受けします、、、

f:id:souljem:20190925040215j:plain

これでもわかんないですよね、、、
f:id:souljem:20190924191156j:image

これ、かなりの上級編です、、、
f:id:souljem:20190924191200j:image
ここは、、、

 

「チョコ盗んだの誰だか分かってるの橋」です、、、

 

こう言えば分かって頂けたのでは、、、 

 

そう、ここなんです、、、

 

 

「手作りチョコレート事件」

 

全編通して最もエモーショナルな一話と言えるでしょう、、、

 

千反田が泣き、、奉太郎が怒る、、摩耶花が悲しみ、、里志が本音を語る、、、

 

古典部4人の感情がぶつかり合った、まさに神回と言えるエピソードでした、、、

 

あのシーンの、、、

 

千反田のこの表情、、、忘れられません、、、

f:id:souljem:20190926042755j:plain 

その後に奉太郎が彼女に言った優しい嘘も、、、

 

 

そして、、、

 

里志が奉太郎に本音を語ったのが、、、

 

ここ、、、 

 

 不動橋

f:id:souljem:20190925044944j:image

f:id:souljem:20190926045353p:plain

雪の舞い散る夜のシーンでしたね、、、
f:id:souljem:20190925044952j:image

この不動橋は宮前橋と連合橋の間にあるのですが、車が通れない橋なので地図には表記されていません、、、
f:id:souljem:20190925044948j:image

f:id:souljem:20190926043311j:plain

ここで語られた、里志がチョコを盗んだ理由、、、摩耶花を受け入れられない理由、、、

 

 

実に難解なものでした、、、

 

 

しかしながら、何度も観ているうちに解った様な気がします、、、
f:id:souljem:20190925044941j:image

f:id:souljem:20190926043748j:plain

そんな二人の結末を知りたい方は是非こちらを、、、

f:id:souljem:20190926052820j:plain

アニメではまだ描かれていない、2年生になった奉太郎たちを知る事ができますよ、、、

 

オススメです、、、

 



さておきこの橋、小さいながらも実に風情のある橋です、、、
f:id:souljem:20190925044955j:image

宮川に架かる橋は数多くあるのですが、私はこの不動橋が一番好きです、、、
f:id:souljem:20190925044934j:image

木造で温かみがあるというか、、、

 

 

夜が印象的なシーンでしたので、このあと夜の不動橋も撮りに来る予定だったのですが、、、

 

 

酔っぱらって忘れちゃいました、、、

f:id:souljem:20190926054334j:plain

てへぺろ!!!

 

 

 

さあ、ここからは写真が多いので少し駆け足で、、、

 

 

お次はこちら、、、

 

奉太郎が古典部3人に間違いを指摘されて悩んでいた丸ベンチ、、、

f:id:souljem:20190927040142j:plain

f:id:souljem:20190927035549j:plain

驚くべき再限度、、、

 

比較しながら撮ったわけではないのにこのシンクロ率、、、あっぱれです、、、

f:id:souljem:20190927040326j:plain

まさに、ここで奉太郎が悩んでいたのですね、、、

 

 

私も少し休憩、、、

 

 

 

そして、ここ、、、

f:id:souljem:20190927040636j:plain

OPで奉太郎と里志が雨の中信号待ちをしていた場所、、、高山ラーメンの老舗、やよいそば前です、、、

 

 

さらにこちらは、、、

f:id:souljem:20190927041620j:plain

奉太郎が姉に手紙を送ったポスト、、、

 

 

次から次へと現れる見た事ある風景、、、つくづく氷菓の舞台に来たのだと実感してしまいます、、、

 

 

すると、商店街の脇に宮川の川辺へと続く路地がありました、、、

 

せっかくなので少し川辺を散歩しようと思い向かったのですが、、、

 

 

あ、、、

 

 

あ、あれは、、、

 

 

 

おおお~~~~~~~!!!!
f:id:souljem:20190927051513j:image

こ、これは、、、
f:id:souljem:20190927051510j:image

オープニングで限りなく登場した例のあれじゃないですか、、、 

f:id:souljem:20190927051520j:plain

す、、すごい、、、

 

ゴ~~~!っという 川の流れと水の打たれる音、、、

 

近くで見るとすごい迫力です、、、

 

あるのは分かってましたが、どこなのか知らなかったもので、、、

 

 

これ、、、かなり衝撃でした、、、

 

感動でしばらく動けなかったほどです、、、

 

 

別アングルからも、、、

f:id:souljem:20190928034747j:plain

氷菓を象徴する場所はいくつもありますが、、、

 

これ以上、氷菓な場所はないのでは、、、

 

 

あまりの興奮で出来るだけ近いショットを撮りたくなり、石垣を水面ギリギリまで降りて撮れたのがこれ、、、

f:id:souljem:20190928033748j:plain

これが限界でした、、、

 

氷菓を知らない人が見たら「あいつ何やっとんねん、、」と思われたでしょう、、、

 

 

 

弥生橋からはこんな感じ、、、 

f:id:souljem:20190928043244j:plain

いいですね、、、「優しさの理由」が聞こえてくるようです、、、

 

 

弥生橋 

f:id:souljem:20191001205611j:image

この橋は「連峰は晴れているか」で奉太郎が歩いていましたね、、、
f:id:souljem:20190928215217j:image

f:id:souljem:20191001035901j:plain

この弥生橋周辺は、まさに氷菓のテーマパーク、、、

 

次々と怒涛の如く押し寄せてきます、、、



例の石段と鍛冶橋のコラボ、、、
f:id:souljem:20190928215210j:image

訪れて初めて分かるこの位置関係、、、

 

う~ん、、、つくづく感動です、、、

 

おや、、、ここは、、、

f:id:souljem:20190929073800j:image

f:id:souljem:20191001041023j:plain

千反田が奉太郎の間違いを指摘した場所ですね、、、

 

一見デートっぽいですが、会話の内容は実にシビアでした、、、

 

 

こちらもまんまです、、、
f:id:souljem:20190929073756j:image

f:id:souljem:20191001040218j:plain

京アニに感謝ですね、、、

 

これはもうお馴染み、、、水位観測所、、、

f:id:souljem:20191001203833j:image

 

千反田が自転車を止めた場所、、、
f:id:souljem:20191001203837j:image

f:id:souljem:20191002031539j:plain



 こちらも実に印象的な場所、、、f:id:souljem:20191001205520j:image

f:id:souljem:20191002031711j:plain

この小橋が災害で無くなってしまったのは知っていましたが、無いとやはり寂しいですね、、、

f:id:souljem:20191001205459j:image

是非、復活してほしいと願うのは私だけではないはず、、、
f:id:souljem:20191001205502j:image

鯉がいっぱい、、、水が綺麗な証拠ですね、、、

 

 

そして、ここから数分上流に進むと、、、

 

 

 

遂に、、、

 

 

 


キタ~~~~~~~~~~~!!!
f:id:souljem:20191001205511j:image

f:id:souljem:20190924041059j:plain

ここです、、、紛れもなくここです、、、

 

 

ヤバいです、、、感動です、、、

 

 

何度も観たシーンが、またしても目の前に、、、

 

 

この景色が見たくて、ここ高山まで来たようなもの、、、

 

 


そう、ここです、、、
f:id:souljem:20191001205515j:image

ここに里志が乗っかっていたのですね、、、

 

 

う~ん、、感無量です、、、

 

 

せっかくなので、私もここに乗っかってみようと思いましたが、おっさんが一人ではしゃいでいる姿は実に痛々しそうなのでやめておきました、、、

 

 

しかしながら、、、 

 

 

いや~~~この弥生橋から鍛冶橋周辺はまさに氷菓のオンパレード、、、

 

 

テンション上がりまくりで、ファンにはたまらないスポットですね、、、

 

 

聖地に来たって感覚マックスで本当に楽しかったですよ、、、

 

 

皆さんも是非、、、

 

 

 

長くなってしまいましたので続きはその5へ、、 、

 

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

 

ありがとうございました、、、


 

 

氷菓 聖地巡礼 その3

 

どうも、soul jemです。

 

 

どうですか、、、この古典部、、、

f:id:souljem:20190918040344j:plain

とりっくおあとり~と~~~!!!

 

いっえ〜〜い、、、!

 

やはり、この4人はいいですね、、、最高です、、、

 

 

さて、、、

 

こちらの場所は、古典部の部室こと地学準備室、、、

 

奉太郎と千反田が初めて出会った場所ですね、、、

 

そして、この4人が通う学校、、、それが神山高校、、、

 

そのモデルとなった高校、、、それが実在する岐阜県立斐太高等学校、、、

 

メインとなるキービジュアルにも描かれるこの風景、、、 

f:id:souljem:20190918040632j:plain

とっても素敵ですよね、、、これも斐太高校、、、

 

やはり、高山に来たのであれば絶対行ってみたい場所です、、、

 

舞台訪問マップにも紹介されてますので、訪問を禁止されているわけではありませんが、やはりここは現役の高等学校、、、

 

細心の注意を払う必要があります、、、

 

まず、、、

 

絶対に、敷地内へ立ち入らない、、、

絶対に、生徒さん、職員さんを撮影しない、、、

絶対に、近隣住民の方々に迷惑をかけない、、、

絶対に、不審人物と思われる様な行動はしない、、、

 

これ、絶対です、、、徹底しましょう、、、

 

 

これらを考慮すると、授業や部活のある平日はNG、、、

 

最もリスクが少ないのはやはり休日でしょう、、、

 

なので、私は高山に着いたのが日曜日でしたので、何はともあれ夕方に斐太高校に向かったのでした、、、

 

やっぱり見たいですよね、、、愛する古典部が通う学校ですもん、、、

 

皆さんも訪れる際は細心の注意をお願いします、、、

 

 

それではいってみましょう、、、

 

 

えいえいお〜〜!!

 

 

 

まずは、とっても素敵なホテル、フォーシーズンさんで自転車を借りて、、、

f:id:souljem:20190919042712j:plain

 飛騨高山の街を駆け抜けましょう、、、

 

ちなみに、徒歩での訪問はオススメしません、、、疲労困憊になり、その後の巡礼意欲が失われる事請け合いです、、、

 

 

斐太高校は高山中心部から宮川沿いに北へ向かった場所にあります、迷う事はないでしょう、、、

 

こちらが宮川、、、

f:id:souljem:20190919202235j:image

高山のシンボルと言ってよいでしょう、、、

 

川の流れる音とそよ風が合わさってとても心地よいです、、、

 

それと、川の流れが北に向かっているのには、私的にとても新鮮でした、、、

 

 

宮前橋
f:id:souljem:20190919202211j:image

大きな鳥居がかかるこの橋は桜山八幡宮に続いています、、、
f:id:souljem:20190919202215j:image

高山祭で有名ですね、、、

高山祭は春と秋、年に2回開催される祭です。
f:id:souljem:20190919202239j:image

秋に行われるのがこの桜山八幡宮の例祭、、、
f:id:souljem:20190919202219j:image

八幡祭というそうです、、、

 

一度見てみたいものですね、、、

ちなみに春の高山祭は、日枝神社の例祭です、、、

そう、十文字かほさんの実家ですね、、、

 

せっかくなので入り口だけでも、、、
f:id:souljem:20190919202242j:image

アニメには登場してませんが、「舞台めぐり」さんで、可愛らしい摩耶花さんが出てきてくれましたよ、、、
f:id:souljem:20190919202231j:image

実に風格漂う神社です、、、ゆっくりとお参りしたいところですが、、、

 

先を急ぎましょう、、、

 

 

連合橋
f:id:souljem:20190919202246j:image

ファンの方ならピンとくるのでは、、、
f:id:souljem:20190919202227j:image

そう、入須冬美先輩の父が経営する病院が恋合病院ですね、、、

連が恋に代わってますが、、、

 

そして、この橋の側には、、、

 

旧久美愛厚生病院跡、、、

f:id:souljem:20190919211609j:image

モデルとなった久美愛厚生病院は場所を移されたそうで、現在は高山警察署となっております、、、

 

万人橋
f:id:souljem:20190919202250j:image

こちらもファンの方ならお分かりなのでは、、、
f:id:souljem:20190919202224j:image

里志の言っていた「桁上がりの四名家」の一つ、万人橋家はこの橋が由来でしょう、、、

 

米澤穂信さんの原作もそうですが、京都アニメーションの仕事も実に芸が細かい、、、

 

舞台となった地元への愛を感じます、、、

 

それに、何と言ってもこれから向かう斐太高校は米澤穂信さんの母校でもあるのです、、、

 

まさに高山への愛に溢れた作品ですね、、、

 

 

さあ、、、

 

この万人橋のすぐそばにはとうとう、、、

 

 

見えてきました、、、

 

 

 

 

 うお~~~~~~!!!!

f:id:souljem:20190920042012j:plain

これが、、、奉太郎たちの通う高校、、、

f:id:souljem:20190920043058j:image
えるたその通う高校、、、
f:id:souljem:20190920043046j:image

あったんだ、、、本当にあったんだ、、、
f:id:souljem:20190920043049j:image

か、感動です、、、

 

アニメで何度も何度もみた光景が、、今目の前に、、、
f:id:souljem:20190920043052j:image

分かりますかねぇ、、、4階の右から4番目の窓、、、

 

あそこが古典部の部室、地学準備室です、、、 

 

何なんでしょう、、この憧れ続けたアイドルに会えた時の様なこの感覚、、、

 

ヤバいっす、、、これヤバいっす、、、

 

 

いえ、大事なのはこれから、、、気を確かに持ちましょう、、、

 

さて、、、

f:id:souljem:20190920051729j:plain

以前はここからアニメの様に一直線に校門に向かえたのですが、現在は改装され画面左側からしか校門へは向かえません、、、

 

こちらがひとつめの校門、、、
f:id:souljem:20190920051735j:image

ここで、奉太郎にも登場してもらいました、、、
f:id:souljem:20190920051732j:image

おい、、これはやらなくちゃいけない事なのか、、、帰るぞ、俺は、、、

 

 

めんどくさそうな顔、、、いいですね、、、 これぞ奉太郎、、、

 

「舞台めぐり」さん、ありがとうございました。

 

 

しかし、、、こんな悠長な事をしていられるのもここまで、、、

 

ここからが勝負です、、、

 

正直、あまりオススメできません、、、

 

 

校舎とグラウンドの間に一本の小道があるのですが、この道は近隣の民家にも繋がっています、、、

 

やはり今日も部活がありました、、、

 

ここをいかに不審者と思われず通過するか、、、

 

チャンスは一度きり、、何度も往復するわけにはいきません、、、

 

き、緊張します、、、

 

自然に、、散歩をしている体で、、、

 

 

では、いってきます、、、

 

 

ここからはゆっくりと、私の実況を交えてどうぞ、、、

 

 

岐阜県立斐太高等学校
f:id:souljem:20190920051726j:image

おお~~~

 

ここが、部活の殿堂、、神山高校、、、

 

あのオレンジ色の校舎、、、まさにここです、、、

f:id:souljem:20190921054641j:plain

そして、この校門から右側を向くと、、、

 

 

 

 

キタ~~~~~~!!!

f:id:souljem:20190921034819j:plain

こ、ここです、、、まさにこの道です、、、

 

なんという、素敵な一本小道なのでしょう、、、

 

グラウンドと校舎の間に伸びるこの凛としたフォルム、、、

 

まさに栄光への花道のよう、、、

 

古典部が毎日、ここを通って登校しているのだと思うと、、、

 

感動です、、、

 

 

それでは、自然にゆっくりと進んでいきましょう、、、
f:id:souljem:20190921033803j:image

この小道は作中に何度も登場しています、、、

 

しかしながら、私が最も好きなエピソード、、、カンヤ祭編ではこの小道が特に印象的に描かれています、、、

 

本当に大好きで、一体何度観た事でしょう、、、

セリフも覚えてしまっているほどです、、、

 

だからこそ、この小道に思い入れがあるのです、、、

f:id:souljem:20190921035016j:plain

見事な直線美、、、ブリリアント!

 

 

グラウンドでは部活に励む生徒さんたちが頑張っています、、、

 

不審がられない様に、エネルギー消費の大きい生き方に敬礼!

 

 

こ、ここは、、、
f:id:souljem:20190921033756j:image

歴史に残る盛り上がりをみせた「クイズ、トライアル7」の会場ではないですか、、、

 

 あの時の里志の勇士は忘れられません、、、

f:id:souljem:20190922042546j:plain

ぼくたち仲間だろ、、、!!

 

その恰好で言うか、、、

 

 

そしてここは、、、
f:id:souljem:20190921033800j:image

お料理コンテストに遅れて登場した摩耶花が走って通った通路、、、

 

コスプレ姿ではにかむ表情は、とても可愛らしかったですね、、、

f:id:souljem:20190923024825j:plain

そう、メビウスの輪の中で、、、

  

 

そしてこの辺りが一番キービジュアルに近いのではないでしょうか、、、

f:id:souljem:20190921035609j:plain

アングル合わせなどしている余裕はありません、、、ご了承ください、、、

 

左上の桜の木が目印です、、、

f:id:souljem:20190923030054j:plain

f:id:souljem:20190923031637j:plain

緊張しながら、そそくさと撮ったのですが、、、

 

意外といいですね、、、桜の季節に通ってみたいものです、、、

 

 

 

そして、ここを見上げると、、、

 

 

うお~~~~~~!!!!

 

 

あ、あそこが古典部の部室、、、

f:id:souljem:20190921040111j:plain

こ、こんなに近くに、、、

 

 

ヤバイです、、、

 

 

「さとし~~~!」と叫ぶ奉太郎が見えるようです、、、 

f:id:souljem:20190923033514j:plain

「しっかり受け取れよ〜!」

 

小麦粉が、、小麦粉が、、今にも落ちてきそうです、、、

 

省エネ主義の奉太郎が古典部のために、周りを気にせず大声で叫ぶ、、、という、少しずつ変わり始めている事を決定づける感動の名シーンです、、、 

 

 

ああ、、、ここなんですね、、、

 

 

あまりの感動に失神しそうでしたが、失神している暇はありません、、、

 

 

気持ちを切り替えて参りましょう、、、

 

チェンジエレメント!!!

 

 

そして、、、

 

 

 こ、ここはあの伝説の料理バトル、、、

f:id:souljem:20190921040255j:plain

ワイルドファイアの会場じゃないですか~~~~~~~~~~~~!!!

 

 

ヤバいっす、、、マジヤバイっす、、、刺激が強すぎます、この小道、、、

f:id:souljem:20190922062547j:image

あぁ、、ここで、、、この場所であのファタモルガーナが激闘を、、、
f:id:souljem:20190922062550j:image

チーム天文部がバナナをだし汁で煮込んでいたのですね、、、

 

闇に喰われろ!!!

 

 

千反田がここで、ぎせ焼きを、、、、、、ひろみ~~~!!!

 

そして摩耶花のかき揚げ丼、、、とても美味しそうでした、、、

 

素晴らしい、、、

 

 

まさにこの場所で古典部4人の結束が固まったと言ってよいでしょう、、、

 

 

あまりの感動と衝撃で失禁しそうでしたが、失禁している暇はありません、、、

 

長居は無用です、、、迷惑にならないうちに退散です、、、

f:id:souljem:20190921040403j:plain

わずか2分くらいだったでしょうか、、、

 

緊張と衝撃、感動でめちゃくちゃ疲れました、、、

 

やはりオススメはしません、、、

 

現役の学校というのは今の時代、とてもデリケートですからね、、、

 

疲れる事はしたくありません!!

 

千反田さんもそう言ってますし、、、

 

 

しかしながら、とても良い経験と、素晴らしい風景を見せて頂いた事に感謝です、、、

 

 

さて、、、

 

あまりの興奮で長くなってしまいましたが続きはその4へ、、、

 

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、

 

氷菓 聖地巡礼 その2

どうも、souljemです。

 

 

只今、氷菓の舞台、高山に訪問中なのですが、、、

 

 

こちらもまた素敵な作画ですね、、、

f:id:souljem:20190913043918j:plain

さて、この4人が古典部で「氷菓」のメインキャラクター、、、

 

4人とも、とても個性的で実に愛おしく思います、、、

 

 

奉太郎と千反田えるについては前回紹介しましたので、今回は残る二人のご紹介、、、

 

 

 まずはこちら、、、

 

福部里志

f:id:souljem:20190913045136j:plain

奉太郎の中学時代からの友人で、唯一の理解者と言ってよいでしょう、、、

 

雑学に長け、あらゆる分野の知識を持つことから、自ら「データベース」と自称するのですが、、、自分から答えを出そうとはせず「データベースは結論を出せないんだよ」が口癖、、、

 

まあ、だからこそ奉太郎との相性が良いともいえます、、、

 

インテリぶって理屈っぽいと言えばそれまでですが、彼がいるからこそ、この作品が面白くなるのです、、、

 

そして何より、なんか憎めない性格なんですよね、、、

 

 

そして、その里志に思いを寄せるのが、、、

 

 

伊原摩耶花

f:id:souljem:20190913045210j:plain

漫画家を目指し漫画研究会に所属する彼女ですが、性格は苛烈でかなりの毒舌家、、、

 

とにかく怒ること怒ること、、、

 

自分に厳しく他人にも厳しい、、、特に奉太郎に対しては風当たりが強く、事あるごとに罵倒しているシーンはこの作品の名物ともいえます、、、

 

しかし、時折見せる優しさや、悲しそうな表情はとてもキュートで可愛らしく、一般的にツンデレと呼ばれるのでしょうか、、、うん、、、

 

この娘も全く憎めません、、、いえ、むしろ好きです、、、

 

 

以上が古典部のメンバー、、、

 

 

メインキャラクターが4人だけ、というのは実にシンプルで良いですね、、、

 

ですがその分、この4人の複雑な人間関係や様々な感情が濃厚に描かれています、、、

 

だからこそ、この4人を愛おしく感じてしまうのでしょう、、、

 

これは、京都アニメーションの最も得意とする分野で「けいおん!」もそうでしたね、、、

 

米澤穂信さんの綴る繊細な文章は、 京都アニメーションの実力を持ってでしか表現出来なかったと私は思います、、、

 

 

そんな4人が絶妙に絡み合い、「氷菓」という名作が構成されているのです、、、 

f:id:souljem:20190914052354j:plain

そう、それはもう、見ているだけで薔薇色の様な高校生活に戻りたくなってしまうほどリアルで魅力的です、、、 

 

私の高校生活は薔薇色ではなく、まさに灰色でしたが、、、

 

 

さあ、、、

 

そんな4人が暮らす街、高山、、、(千反田えるだけは隣町ですが、、)

 

さっそく巡ってみましょう、、、

 

 

自分で調べて巡るのも一興ではありますが、ここは高山市の発行する「氷菓 舞台訪問マップ」を利用するのもよいでしょう、、、

f:id:souljem:20190915042023j:plain

放送から7年経った現在でもこういうサービスはとても嬉しいですね、、、

f:id:souljem:20190915042158j:plain

地図とシーンを合わせて表記されているので、とても便利で巡りやすいですよ、、、


こちらは本町商店街にある「まるっとプラザ」 さんに常備されているので、巡礼の際はまずこちらに訪れる事をオススメします、、、

f:id:souljem:20190915041449j:plain

 こちら、飛騨高山の名産品やお土産がいっぱいです、、、軽食や食べ歩きコーナーもありますよ、、、

なに、飛騨牛巻スティックにぎり、、、こ、これは、、、単語が合わさり過ぎてどんなものか全く想像できない、、、、、き、気になりますっ!

 

 

んん、あそこは、、、

 

奉太郎と里志が千反田家へ行くために待ち合わせした場所では、、、

f:id:souljem:20190916030645j:plain

こうやって比較してみると、、、

f:id:souljem:20190917051945j:plain

f:id:souljem:20190917052425j:image

うん、ここだと思います、、、

 

ごっめ〜ん~~~待ったぁ~~~♥

f:id:souljem:20190916031206j:plain

お前には羞恥心がないのか、、、と蹴られていたのが、、、

f:id:souljem:20190916023225j:plain

そう、まさにここです、、、

 

そして反対側を向くと、、、

f:id:souljem:20190917053214j:plain

f:id:souljem:20190917054410j:image

やはりここです、、、みたらし団子屋さんが目印です、、、

 

まさにサイクリングコースのスタート地点ですね、、、

 

きました、、、一発目の聖地です、、、

嬉しいですね、6時間かけてやっと古典部の住む街にやって来た、、、って実感します、、、



この本町商店街は作中に度々登場しているので、至る所に「なんか見た事あるっ、」っていう場所が満載です、、、

 

私は比較画像の専門ではありませんので確定ではありませんが、この風景も実にデジャヴュです、、、

f:id:souljem:20190917055904j:plain

素敵な街並みですね、、、
f:id:souljem:20190916023223j:image

ん、、、左側に見えるあの物体は、、、

 

 

まさか、、、

 

 

キタ~~~~~~!!!

f:id:souljem:20190916031657j:plain

 THE 氷菓、、This is 氷菓、、と言っても過言ではないくらい何度も観たオープニングシーン、、、一度でも観た方なら絶対ピンとくるはず、、、

 

中央に「氷菓」の文字が見えるようです、、、

 

 

あれ、折木じゃない、、、

f:id:souljem:20190916031731j:plain

久しぶりね、会いたくなかったわ、、、

 

さいで、、、

 

なんと、、、とっても素敵なアプリ「舞台めぐり」さんで摩耶花さんが登場してくれましたよ、、、今回もよろしくお願いいたします、、、

 

 

 こちら、氷菓の大ファンが営業されている中田中央薬局、、、

f:id:souljem:20190917060523j:image

いつもなら、おびただしい数の氷菓のポスターが貼られているそうなのですが、現在は事件に配慮しての事でしょうか、休止中です、、、

現在休止中というのがいいですね、、、また、氷菓ファンの憩いの場として復活してくれることでしょう、、、

 

 

さらに商店街を北に進むと、、、

 

 

ん、、、

 

 

 

またキタ~~~~~~!!!
f:id:souljem:20190917060525j:image

えるたそ飛び出し看板、、、

 

 

感動です、、、世界広しと言えどもこの飛び出し看板があるのはここだけ、、、

 

 

反対側も、、、
f:id:souljem:20190917060530j:image

街なかにこれが置かれているということは、この街が「氷菓」を受け入れているという証拠、、、

 

嬉しいですね、、、はるばる来た甲斐がありました、、、

 

しかも「舞台めぐり」さんで里志まで登場するという追い討ち、、、
f:id:souljem:20190917060536j:image

やあ、ホータロー

どうしたんだい?休日に外出だなんて、、、

 

みたいな、、、

 

ヤバイですね、もうこの時点で氷菓の世界に入り込んだ様な気さえします、、、

 

 

すると、、、

 

 

 

なんだと、、、


こ、これは、、、マジか、、、
f:id:souljem:20190917060520j:image

 せ、制服、、、

 

神山高校制服、千反田えるモデル、、、?
f:id:souljem:20190917060514j:image

 

神山高校制服、折木奉太郎モデル、、、?
f:id:souljem:20190917060533j:image

すげぇ、、、本物か、本物なのか、、、

 


制服まで同じにしてあるなんて、、、

 

徹底しすぎてます、、、京都アニメーション、、、

 

感服いたしました、、、

 

 

千反田モデル、、、

 

買って帰ろうかと思いましたが、アカンやつだと思われるのでやめておきました、、、

 

しかし、、、

 

という事は、斐太高校の女子生徒は皆、千反田えるのコスプレをしているという事に、、、、、、そのままコミケに、、、まあいいか、、、

 

 

気を取り直して、、、

 

 

では、次回はその神山高校こと斐太高校に行ってみたいと思います、、、

 

 

続きはその3へ、、、

 

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、