soul jemの聖地巡礼日記

アニメや歴史の聖地巡礼記録

ラブライブ!サンシャイン!聖地巡礼 函館編その4

どうも、souljemです。

 

 

さて、、、 

 

aqoursの東京ドーム公演を収録したブルーレイ、、、オリコンBDランキング1位獲得おめでとうございます、、、

f:id:souljem:20190610060032j:plain

アニメ本編でも決勝大会の会場であるアキバドゥームこと東京ドームの初公演、、、

 

素晴らしかったですよね、、、

 

Aqoursにとってまさに記念すべき節目と言えるライブでしょう、、、

 

これからも、更なる活躍を期待しております。

 

出来れば全国ツアーなどして頂けると、私のような田舎者にもチャンスが回ってくるのでは、、、と思う今日この頃です、、、

 

 

 

さて、巡礼の続きに参りましょう、、、

 

せっかく函館に来たので、元町周辺を散策してみようと思います。

 

 

函館ハリストス正教会

f:id:souljem:20190610205308j:image

日本じゃないみたいです、、、

f:id:souljem:20190610205300j:image

とても綺麗な教会ですね、、、中世にタイムスリップしたみたい、、、

 

しかし、天気良すぎませんか?、、、逆に不安になります、、、

 

 

 

函館聖ヨハネ教会
f:id:souljem:20190610205304j:image

こ、ここは、、、

 

なに?、、この霊圧、、、

 

まさか、この地のリトルデーモンがあの中に、、、

 

、、、ということで、梨子ちゃん、いや、リトルデーモンリリーが聖良さんに「街並みも素敵ですね、、、」と言った街並み、、、聖ヨハネ教会とチャチャ登りです、、、

f:id:souljem:20190612052904j:plain

f:id:souljem:20190610205311j:image

数ある教会の中からこの教会だけ登場したのはこの名前だからでしょうか、、、

f:id:souljem:20190610205446j:image

上空からは、十字型に見えるそうです、、、

 

カトリック元町教会

f:id:souljem:20190610210655j:image

まさに異国情緒たっぷりで函館らしいですね、、、

 

この辺りの教会は夜ライトアップされるそうなので、後ほどまた来ようと思っています、、、

 

大三坂

f:id:souljem:20190610210926j:image

八幡坂だけでなくその他の坂も素敵です、、、
f:id:souljem:20190610210931j:image

函館市のカラーマンホール、、、かっこいいですね、、、かなり目立ってます、、、

 

さて、元町周辺を一通り回ったところで、やはりメインはこちらですよね、、、

 

ありました、、、

f:id:souljem:20190613202813j:image

茶房 菊泉
f:id:souljem:20190613202821j:image

おぉ〜、なんとも趣のある建物、、、

洋風建築が多い元町でひときわ存在感を放っています、、、

 

大正10年に建てられた建物で、元々は大阪堺市の酒蔵「菊泉」を専門に扱う酒問屋の別邸だったそう、、、だからそのまま菊泉なのですね、、、
f:id:souljem:20190613202826j:image

っていうか学校めちゃめちゃ近いです、、、走れば5秒で着いちゃうレベルです、、、

 

羨ましい、、、ギリギリまで寝れますよ、、、

 

忘れ物してもすぐですし、お弁当だって持っていくより帰って食べちゃったほうが早いレベルです、、、

 

まぁそんなことはどうでもいいとして、、、

 

こんなのも、、、
f:id:souljem:20190613202816j:image

安っ!、、、昆布塩、、、これで日本酒一本いけそう、、、今思えば、買っときゃ良かったと後悔しまくりです、、、

 

メニュー
f:id:souljem:20190613202830j:image

くじら汁、気になるわぁ〜、、、
f:id:souljem:20190613202840j:image

う~ん、ここに理亜ちゃんと聖良さんが住んでいるのですね、、、、(住んでない、、)
f:id:souljem:20190613202837j:image

そして、花丸、善子、ルビーの一年組もここに泊まったのですね、、、(泊まってない、、)
f:id:souljem:20190613202834j:image

さあ、入店してとうふ白玉ぜんざいでもいただきましょう、、、

 

と思ったのですが、今朝またしても朝食食べ過ぎてお腹パンパン、、、

 

コーヒーだけの入店でも良かったのですが、せっかくなので是非白玉ぜんざいも頂きたい、、、

 

なら明日、改めて万全の状態でまた来よう、、、と思ったのが大きな間違いでした、、、

 

 

次の日は定休日だったのです、、、てへペロ、、、

 

はるばる函館まで来て菊泉に入店出来なかったとか、最低ですよね~、、、

 

アホですよね~、、、

 

ですよね~、、、

 

いかんともし難いっす、、、

 

皆さん、定休日は要チェックっす、、、

 

 

そういえば穂乃果ちゃんの実家「穂むら」に訪れた時も定休日でした、、、

和菓子屋さんに縁がないのでしょうか、、、

 

 

さて、坂の街をかなり歩きましたので、またしても足はヘッポコピ~、、、

 

とりあえず、ホテルに戻ってゆっくり暗黒ミルク風呂に入って癒されましょう、、、

f:id:souljem:20190614034656j:image

函館国際ホテルの13Fにある展望大浴場、、、「汐見の湯」、、、

 

もちろん写真はありませんが、新しく完成したばかりとあって全てがピカピカ、、、、とても気持ちいいです、、、

 

函館の海と夜景を眺めながらの温泉、、、なんて贅沢なんでしょう、、、

f:id:souljem:20190614040914j:plain

(HPから拝借)

 

おお、、、函館山と八幡坂が見えます、、、

 

ファンにとってこれ以上の幸せがあるでしょうか、、、

 

 

そして、男湯には露天風呂があり潮風にあたりながらゆっくりと景色を満喫できます、、、

f:id:souljem:20190614040938j:plain

(HPから拝借)

 

 ごくらく〜、、、Aqoursもこの温泉に入ったのですね、、、(そんな事実はない、、)

 

最高です、、、

 

ぜひ皆さんもAqoursの泊まったホテルで八幡坂を眺めながらゆっくり温泉に浸かってみてはいかがでしょうか、、、

 

非日常の極みを満喫出来ますよ、、、

 

 

さて、部屋に戻ってのんびりしたいところですが、そうはいきません、、、

 

函館の街は夜が重要なのです、、、

 

さっそく出かけましょう、、、

 

 

ホテルを出て数分、、、もうベイエリアです、この立地の良さも函館国際ホテルさんの強みですよね、、、

 


どうですか、、、この景色、、、
f:id:souljem:20190614034641j:image

昼間とは全く違う顔を見せてくれる夜の函館、、、
f:id:souljem:20190614034644j:image

先ほど来たはずの場所も一段と大人っぽく見えますね、、、
f:id:souljem:20190614034648j:image

次回はこの夜の函館をたっぷりご紹介したいと思います、、、

 

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、

 

続きはその5へ、、、

 

新選組と幕末 函館編その2

どうも、soul jemです。

 

 

ただいま、北海道を巡礼中の私ですが、、、

 

北海道と土方歳三ということで、今回オススメしたいのがこちら、、、

 

ゴールデンカムイ

f:id:souljem:20190606045659j:plain

明治時代末期、日露戦争終結直後(明治38年)の北海道を舞台としたサバイバルアクション作品なのですが、これがめちゃくちゃ面白い!

 

大人気作品なので私が言わずともご存知だと思いますが、、、

 

アイヌの文化や狩猟、北海道の戦争の歴史、グルメなど盛りだくさんな要素を持つ、まさに北海道に特化した作品、、、

 

シリアスな展開ながら随所に笑いと感動が散りばめられており、何よりヒロインのアシㇼパちゃんの可愛さと、登場する郷土料理の数々がとても美味しそうなのです、、、お腹か空いてきますよ、、、

 

そして、わたくし的に最も注目すべき点は、なんと土方歳三は死んでいなかった、、という設定、、、

 

初めて聞いた時は、「そんなアホな、、、中途半端な知識と設定で土方歳三を生き返らせたりしたら、日本中の熱狂的新選組ファンから大、大ブーイングを浴びちゃうんじゃないの〜、、、」と思いつつ観てみたのですが、、、

 

いやはや、実に良く出来たストーリーで、史実と照らし合せてみても決してあり得ない話ではないのでは、、、と思わせる設定、、、見事です、、、

 

たしかに、、、土方歳三の遺体は確認されてませんからね、、、

 

原作者の野田サトルさんはとても新選組に造詣の深い方とお見受けしました、、、

f:id:souljem:20190606051224j:plain

函館戦争で一命を取り留めた土方は、秘密裏に政治犯として30年以上投獄されていた、、、

 そしてアイヌから奪われた莫大な金塊を探す為に脱獄、、、旧友、永倉新八と協力し金塊を見つけ出し、志半ばで潰えた蝦夷共和国の構想を画策する、、、

f:id:souljem:20190606052455p:plain

フィクションだと分かっていても、これだけでワクワクしてしまいます、、、

そして何より70を超えた土方じいちゃんのカッコイイこと、、、

f:id:souljem:20190606051243p:plain

どうですか?、、、この土方おじいちゃんの迫力、、、

 

 正直、めちゃくちゃカッコ良くて痺れます、、、

 

この様な土方歳三を描いた作品は初めてなのでとても新鮮でした、、、そして何より作品として本当に面白い、、、

 

かなりオススメです、、、是非、、、

 

 

またしても長くなってしまいましたが、巡礼の続き、参りましょう、、、

 

 

 

今回は、函館新選組の屯所であった称名寺へ行ってみたいと思います、、、

 

称名寺函館市内では高龍寺というお寺に次いで二番目に古い寺院です、、、

新選組の屯所であった為か、境内には土方歳三及び新選組隊士の供養碑が残されています、、、

 

函館で新選組の足跡を辿る為にはとても重要な場所といえるでしょう、、、

 

 

まず前回の弁天台場跡地から山側へと続く魚見坂を登ります、、、

 

近くに夕日スポットで有名な外国人墓地があり、お花屋さんがいくつかあるので、そこで花を買うと良いでしょう、、、

 

10分くらいでしょうか、坂を上り、、、三つ目の信号を左に曲がって100mほど歩いた場所に、、、

 

 

 称名寺 山門

f:id:souljem:20190611033637j:image

新しくて綺麗なお寺です、、、

 

あれ?、、、こんなに新しいはずは、、、
f:id:souljem:20190611033640j:image

そう、、それもそのはず、函館戦争終結後の明治12年に大火で焼失した為、現在のこの場所に移転したのです、、、

 

移転前の称名寺跡は後ほど紹介しますね、、、

 

 

称名寺 本堂
f:id:souljem:20190611033634j:image

カッコ良い、、、なんと凛とした佇まいなのでしょう、、、

 

 

この本堂の左手前にそれは、、、

 

 

ありました、、、

 

 土方歳三新選組隊士の供養碑

f:id:souljem:20190611033936j:image

この供養碑に花が途絶えることはないと聞いてはいましたが、本当なのですね、、、

 

150年経っても尚、彼の生き様や信念に共感し、思いを馳せる方々がたくさんおられる事をとても嬉しく思います、、、

 

土方歳三ゆかりの東京都日野市金剛寺過去帳には、函館称名寺に供養碑を建てたと記されています、、、

 

まさにここがそうなのですね、、、
f:id:souljem:20190611033942j:image

私も花を手向け、しっかりと手を合わさせて頂きました、、、
f:id:souljem:20190611033939j:image

感謝です、、、安らかにお眠りください、、、

 

 

 

さて、それでは移転前の称名寺があった場所に行ってみましょう、、、

 

歩いてもさほどかからないのですが、私は市電のフリーパスを購入していましたので、函館どつく前まで戻り、市電で隣の大町駅で降ります、そこから少し坂を登ると、、、

 

函館新選組の屯所があった場所、、、

 

函館元町ホテル

f:id:souljem:20190612034238j:image

称名寺跡地は現在、函館元町ホテルというレトロで綺麗なホテルになっております、、、

 

確かに先ほどの弁天台場跡まですぐなので屯所を置くには丁度良いですね、、、

 

ここで島田魁市村鉄之助が生活し、それを労いに土方も通っていたと想うと実に感慨深いです、、、

 

おや、こんな表示板が、、、
f:id:souljem:20190612034244j:image
f:id:souljem:20190612034235j:image

なるほど、当時の函館政府は財源確保の為、住民から徴収しようとしたところ、土方に猛反対されこれを断念、、、その話を聞いた鴻池の大和屋友次郎と函館商家の人びとが土方の死を悼んで称名寺に供養碑を建てた、、、とあります。

 

鴻池と言えば大阪の豪商、その鴻池に賊が入った際、近藤の指示で土方が駆けつけ賊を退治、、、それ以来、京都時代の新選組最大のスポンサーとなったそうです、、、

近藤勇の愛刀虎徹は大和屋友次郎から贈られたものだと言う説があるくらいです、、、

 

明治時代に三度の大火に見舞われた為、彼の建てた供養碑は残っていませんが、後に有志で現在の碑が建てられたのだそう、、、

 

もうこのエピソードだけで泣きそうになってしまいます、、、

 

住民への徴収に猛反対したのも、芹沢鴨の悪行で京都中の嫌われ者になってしまった事を受けての行動だったのでしょう、、、

 

 

この古い蔵にも部屋があり実際に宿泊できるようです、、、
f:id:souljem:20190612034232j:image

次来る時は是非この屯所跡の函館元町ホテルに宿泊して当時の空気を感じてみたいですね、、

 

おお、、
f:id:souljem:20190612034241j:image

なんとレアな自販機、、、
f:id:souljem:20190612034229j:image

鬼と呼ばれ恐れられた彼ですが、私は函館での土方こそ本当に素の土方歳三なのだと思っています、、、

 

とても優しく、周りから慕われ、頼りになる、、、

 

本当は誰からも憎まれたり恨まれたり、恐れられたりしたくなかった、、、その想いがこの函館で解き放たれ、そして散っていったのでしょう、、、

 

そんな函館に訪れて、このようなエピソードに触れる事が出来ただけで本当に来れて良かったと思います、、、

 

土方歳三の優しさに溢れた街、函館に皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか、、、

 

 

終わりっぽい感じですが、まだまだ続きますよ、、、

 

続きはその3へ、、、

 

読んで頂いた皆さんに感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、

 

 

ラブライブ!サンシャイン!!函館編その3

どうも、soul jemです。

 

 さて、、、

 

現在わたくし、八幡坂を登っている真っ最中ですが、凄いニュースが入ってきました、、、

f:id:souljem:20190603040707j:plain


なんと、来年1月に開催されるラブライブフェスにてμ’sが復活しAqoursと共演するという、、、

 

マジですか!

 

もう二度とみる事は出来ないと思っていたμ’sが、、、あの9人がもう一度、、、

 

まさに奇跡だよ、、、です。

 

ファンの方はさぞ大歓喜だったでしょう、、、

 

なによりaqoursの皆さんが一番嬉しいのでは、、、憧れ続けたμ’sとの共演ですもんね、、、

 

チケットが取れた人は本当に幸せものですね、、、

 

しかし南條さんは大丈夫なのでしょうか、、、フルライブじゃないから大丈夫なのか、、、

 

出来れば合わせてアニメ映像も制作して欲しいものですね、、、私としてはアニメがあってこそのリアルなので、、、

 

何はともあれ、これからも私たちを楽しませてくれるラブライブに感謝です!

 

 

さて、それでは函館に戻って八幡坂登りの再開です、、、

 

 

八幡坂と言えばこの曲、、、

f:id:souljem:20190531052110p:plain

しっとりしたバラード調からはじまるイントロはまさにこの絵面からですね、、、

f:id:souljem:20190601183436j:image

路面電車が通ってくれればベストだったのですが道路上なのでやめておきます、、、

 

中央に佇むルビィちゃんと理亜ちゃんが見えます、、、昼間ですが、、、
f:id:souljem:20190601183432j:image

電車通りを過ぎるとアスファルトから石畳みに変わります、、、

 

一段とお洒落な景色になりました、、、素敵です、、、

f:id:souljem:20190603043847j:image

しかし坂の傾斜もここから急になります、、、見た目以上にしんどいです、、、

 

ここを振り返ると、、、

f:id:souljem:20190603043856j:image

まさにここで11人が歌い、踊っていたのですね、、、

 

11人から見たらこんな景色なのでしょう、、、

 

さあ、どんどん登りましょう、、、
f:id:souljem:20190603043853j:image

石畳みに変わると車がほとんど通らないのは何故でしょう、、、

有名な観光地だから敬遠されてるのでしょうか、、、

f:id:souljem:20190603043859j:image

おかげで写真が撮りやすいですね、、、良い景色です!

 

ふと気づいたのですが、見て分かる様に、これだけ有名な観光名所の坂なのに、観光地にありがちなお土産店や派手な飲食店が全く見当たりませんでした、、、景観を意識しての事なのでしょうか、、、普通ありますよね、、、

 

さすが、徹底されています、、、

 

 

そしてこの坂を登りきると、、、

 

saint snowの通う聖泉女子高等学校こと、函館西高等学校、、、
f:id:souljem:20190603043850j:image

さすが函館を代表する名所、、、人がいっぱいです、、、

 

しかし、こんな有名な観光地のど真ん中に高校があるなんて、、、素敵だと思いつつ、いろいろと大変な事もおありだと思います、、、

f:id:souljem:20190603052144j:image

アニメで見たままですね、、、
f:id:souljem:20190603052141j:image

こちらの学校、北島三郎さんや辻仁成さんなどたくさんの著名人の母校でもあります、、、
f:id:souljem:20190603052135j:image

今年の4月に市内にある別の高校と統合したそうで、、、

やはり現在、全国的に学校の閉校や統廃合は珍しい事ではないようです、、、
f:id:souljem:20190603052148j:image

この先はもちろん立ち入り禁止です、、、くれぐれも入ったりしないように、、、

 

そして、ここから坂を見下ろした風景こそ函館を代表する景色、、、

f:id:souljem:20190607033708j:plain

ラブライブと関係なく世界的に人気のある坂の景色、、、

 

千歌ちゃんたちが、内浦と似てて落ち着くと言った景色、、、

 

 

八幡坂

f:id:souljem:20190607033514j:plain

シャイニ〜~~!

f:id:souljem:20190607051234j:plain

みらいずら~、、、

 

な、なんてヨーソローな景色でしょう、、、

 

海へと向かう見事な直線美、、、素敵過ぎます、、、

 

天候に恵まれたことに心から感謝です、、、

 

ついでに堕天使ルシファーにも感謝です、、、

 

 

この八幡坂はこれまで数々の映画やドラマ、CMなどに登場した日本有数の坂ですが、私の世代ではチャーミーグリーンのCMで老夫婦が仲良く手を繋いでいるシーンが有名です、、、

よく覚えてます、ここだったんですね、、、

 

ラブライブ目線で見ると、、、

f:id:souljem:20190531052153j:plain

f:id:souljem:20190607045006j:image

満足です、、、完全に満足です、、、八幡坂、、、

 

この感じこそ聖地巡礼の醍醐味ですね、、、

 

本当に来れて良かった、、、と思う瞬間です、、、

 

 

海が目の前にあって、潮の香りがする街で、坂の上にある学校、、、確かに内浦と通じるところがありますね、、、

 

ネイチャー部門では内浦、、、オシャレ部門では函館、、、と言ったところでしょうか、、、

 

ちなみにこちらがネイチャー部門グランプリの内浦選手、、、

f:id:souljem:20190608045048j:plain

いや~実にネイチャーですね~、、、田舎のおばあちゃんを思い出します、、、


 

 さて、お次に向かうのは旧函館区公会堂、、、

 

ルビーと理亜がクリスマスイベントに出場する為に面接を受けた場所ですね、、、

 

姉たちの力を借りずに頑張る二人と、それを温かく見守る善子と花丸、、、とても良いシーンでした、、、

 

 そして、劇場版でSaint Snowが歌っていた「Believe again」の舞台でもあります、、、

 

旧函館区公会堂に向かう途中には、、、

f:id:souljem:20190607062825j:image

元町公園という函館を一望できる大きな公園があるので、ここでひと休みするのも良いでしょう、、、
f:id:souljem:20190607062816j:image

本当に綺麗な街ですね、、、函館に来たって感じがします、、、

ベンチがたくさんあるので休憩するには持って来いの公園ですよ、、、
f:id:souljem:20190607062812j:image

心地よい風と景色に癒されたところで、、、行ってみましょう、、、

 

「Believe again」の舞台、、、旧函館区公会堂、、、

 

 

 

 ってお前もか~~い、、、、!
f:id:souljem:20190607062808j:image

まあ、知ってたんですけどね、、、

去年からネットでアナウンスされてましたので、、、
f:id:souljem:20190607062819j:image

フリです、フリ、、、お約束ということで、、、

 

出来るだけ元の姿を残して工事を終えて頂ければ有難いですね、、、

 

 

さて、次回はここ元町エリアとSaint Snowの実家、菊泉に行ってみたいと思います、、、

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、

 

続きはその4へ、、、

 

 

 

新選組と幕末の聖地巡礼 函館編 その1

どうも、soul jemです。

 

 

新選組土方歳三を愛してやまない私なのですが、、、

 

僭越ながらこの度、とうとう念願だった函館に訪れる事が出来ました、、、

 

函館と言えば土方歳三が戦死した地であり、新選組が終焉した地でもあります、、、

 

新選組と聞くと池田屋事件など京都での活躍を思い浮かべますが、まさにこの池田屋事件こそが最盛期で、この後時代の流れに呑まれ徐々に転落の運命を辿ります、、、

 

私は全盛期の新選組よりも、ここからの落ちていく新選組の方が人間味があって好きです、、、

 

 

そして土方が最後に流れ着いたのが函館、、、

 

しかしながらそこには、苦楽を共にした近藤、沖田、試衛館メンバー達、誰一人残ってはいませんでした、、、

 

 

そこでご紹介したいのがこちら、、、

 

 

 新選組!! 土方歳三 最期の一日

f:id:souljem:20190523044956j:plain

大河のスピンオフとして放送された作品なのですが、函館に渡ってからの旧幕府軍土方歳三をとても詳細に分かりやすく映像化されています。

散り場所を探し、死に急ごうとする土方と、そんな土方に希望を持って生き抜いて欲しいと願う新選組隊士と榎本武揚の奮闘する姿を見事に描いています、、、

 

京都で鬼の副長と呼ばれ恐れられた土方が函館では一変し、隊士たちにとても優しく皆から慕われている様は涙無くして見ることができません、、、

 

山本耕史さん、素晴らしい演技でした、、、

 

そして、着物を脱ぎ、髷を落とし、洋装に変わった土方歳三は最高にかっこいいです、、、

f:id:souljem:20190525050828j:plain

 大河全てを観ていなくとも十分楽しめると思いますよ、、、オススメです!

 (ツタヤにあると思います、、、)

 

さて、

 

またしても長々と語ってしまいましたが、参りましょう、、、

 

土方歳三を辿る旅、、、

 

 

さあ、はるばる来ました、函館、、、私の住む街から実に4時間半、、、

 

JR函館駅

f:id:souljem:20190527041434j:plain

函館には新選組土方歳三ゆかりのスポットがいくつかあるのですが、先ずは弁天台場に向かいましょう、、、

 

弁天台場というのは、函館戦争で旧幕府軍新選組が中心となり新政府軍と戦った砲撃用陣地の事、、、

 

まさに新選組の持ち場だった弁天台場は主に島田魁が指揮を執っていた為、土方も度々通っていたと思われます、、、

f:id:souljem:20190528035055j:plain

しかし、終戦明治30年頃に取り壊され、現在は小さな碑があるだけで何も残っていません、、、

 

新政府軍の函館総攻撃によって孤立した弁天台場を救出するため五稜郭を出た土方は、その途中一本木関門という場所で銃弾に倒れます、、

 

さあそれでは、その土方が亡くなる直前に向かっていた弁天台場跡に行ってみましょう、、、

 

何も残ってませんが、、、

 

 

行き方は実に簡単、、、

 

JR函館駅から函館どつく行きの路面電車に乗って終点まで行きましょう、、、

f:id:souljem:20190527043234j:plain

終点を降りるとすぐ公園があります、、、

 

その公園内にこのような表示と碑が、、、

f:id:souljem:20190527043534j:plain

ここが弁天台場の一部であった事が記されています、、、

f:id:souljem:20190530203726j:image

戊辰戦争終結150周年を記念してこんなパネルが、、、
f:id:souljem:20190530203734j:image

ありました、、、島田魁がここ弁天台場で命をかけて戦った事の証明ですね、、、
f:id:souljem:20190530203715j:image

島田魁、私の大好きな隊士です、、、

 

函館では新選組の頭取まで昇格していたのですね、、、

 

そう、土方は京都からここまで裏切らず付いてきてくれた隊士たちを特に大事にし、そしてまた信頼していたそうです、、、

 

島田魁は函館に渡ってから、守衛新選組という隊の隊長も務めています、、、

 

守衛新選組というのは、京都からの隊士で結成された、土方歳三を護衛することだけを目的とする非正規の隊のこと、、、

 

この二人がどれだけ信頼し合っていたかを物語っていますね、、、

 

このエピソードだけで泣きそうになってしまいます、、、

 

 

そしてこちらの方も新選組にとって大事な存在、、、
f:id:souljem:20190530203730j:image

永井玄蕃とありますが、永井尚志(なおゆき)として知られています、、、

 

幕府の旗本として新選組と共に京都の治安維持に努めた人物です、、、

 

文才に優れており、なんと大政奉還の文書はこの人が書いたのですよ、、、
f:id:souljem:20190530203719j:image

後に榎本と共に函館まで渡り、蝦夷共和国の函館奉行となり最後まで新政府軍と戦いました、、、

 

新選組とも親交が深く、近藤や土方からとても慕われていだそうです、大河でも度々土方たちを助けていましたね。

 

この人が凄いのは、、、旧幕府軍に勝ち目はない事を分かっていながら最後まで幕府に忠義を尽くした事、、、土方と同じですね、、、

 

 

土方が死んだ事を知らされた弁天台場は戦意を失い、兵糧も尽き明治2年5月15日降伏、、、

 

事実上、新選組が本当に終焉した日となります、、、

 

土方が死んだ4日後の事でした、、、

 

 

新選組最後の地碑
f:id:souljem:20190530203723j:image

写真で見るのではなく、実際この地に立ってみると実に感慨深いものがあります、、、

 

ここで新選組の歩んできた道のりを振り返ると思わず泣いてしまいそうになります、、、

 


そしてここから北へ向かって数分歩くとこんな碑も、、、

こちらが本当の弁天台場跡、、、
f:id:souljem:20190531212000j:image

いいですね、、、いい感じの荒れ具合です、、、(私が荒らしたのではありません)
f:id:souljem:20190531211956j:image

ここまで来られる方はおそらくほとんどいないのでしょう、、、

 

 

しかしながら、これらだけでも新選組の足跡が残っていた事をとても嬉しく思います、、、

 

来てみて、本当に何も無かったらどうしようかと思ってました、、、
 

函館市に感謝です、、、

 

皆さんも是非、、、

 

新選組が活躍した場所でワクワクするのも良いですが、、、新選組の終焉した場所で想いに更けるのもまた一興ではないでしょうか、、、

 

 

さて、次回は函館新選組の屯所であった称名寺に行ってみましょう、、、

 

続きはその2へ、、、

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、

 

 

 

 

ラブライブ!サンシャイン!!聖地巡礼 函館編 その2

どうも、souljemです。

 

 

 

こちら2018年4月27、28日に函館アリーナで開催されたライブイベント、、、

f:id:souljem:20190527024243p:plain

函館ユニットカーニバルのPOP、、、

 

当日は全国からたくさんのファンが函館に詰めかけ、大変賑わったそうですね、、、

 

函館に来て日帰りという訳にはいかないでしょうから宿泊して食事も必要です、、、これだけでもかなりの経済効果がありそうです、、、

 

アニメ作品が地方の経済に貢献できるなんてとても素晴らしい事ですね、、、

 

そして、こういう作品が日本にもっともっと増えていく事を切に願います、、、

 

アニメこそ、日本が世界に誇る最高の文化なのですから、、、

 

 

 

しかし、Aqoursのライブってどうやったら行けるんでしょうね、、、

 

プレミアチケット過ぎて挑戦する気にもならないというのもありますし、私レベルのファンが立ち入ってはいけない聖域、、、そう、サンクチュアリなのでは、と思ってしまいます、、、下手に立ち入ると駆逐されるのでは、、、、とも、、、

それにペンライトの使い方わからないし、、、(調べてみたらラブライブレードと言うそうです、、、わ~い!無理そう、、、)

 

まあ、いつか行けたらいいなぁと思っております、、、

 

 

さて、巡礼の続きですが、、、

 

ベイエリア、、、本当に綺麗な街並みです、、、

f:id:souljem:20190527034418j:image

GW明けの平日なので人が少なくていいですね、、、写真を撮りやすいです。

f:id:souljem:20190527034745j:image

こちら、金森赤レンガ倉庫というベイエリアのランドマーク、、、明治時代に建てられた倉庫を利用して現在ショッピングモールになっております、、、

f:id:souljem:20190527223711j:image

函館山と海辺の赤レンガ倉庫、、、いいですね、函館らしさを満喫するにはベストなスポットです、、、

 

たくさんのお土産店、カフェやビアホール、クルーズ船ブルームーンの発着所もあるのでこちらだけでもかなり楽しめますよ、、、

 

 

さて、こちら、、、
f:id:souljem:20190527034748j:image

ルビィちゃんが理亜ちゃんに「最後にしなければいいんじゃないかな、、、」と言ったのはこの場所です、、、

 

昼間なので少しピンときませんが、、、

 

この辺りがアニメで登場したのは夜のシーンでしたね、、、なのでまた後ほど来るとしましょう、、、

 

そしてこちらの向かいには、、、

f:id:souljem:20190528013331j:image

出ました!ラッキーピエロ、、、

 

函館と言えばラッキーピエロですね、、、

 

 

あ、あれはまさか、ずら丸が食べていたフトッチョバーガー、、、

マジか!、、、「あんた一人でこれ食べるつもり?」、、、のフトッチョバーガー、、、

f:id:souljem:20190529063850j:plain

あるんだ、、、ホントにあるんだ、、、

 

しかも、デカさの割に安くないですか、、、

 

ずら丸さん、ホテルでも食べてました、、、

 

国木田さん、、、あ、あんた、、、

 

こちらはマリーナ末広店ですが、、実際アニメに登場したのはこちら、、、

 

 

で〜ん、、、
f:id:souljem:20190528053908j:image

ベイエリア本店です、、、おお、見たことありますよねこの並び、、、

 

ずら丸さんがまさにフトッチョバーガーに舌鼓を打ったお店です。

f:id:souljem:20190529050714j:image

ルビィがピギィ〜と飛び出して行きましたね、、、

 

理亜ちゃんと一年生組の作戦会議もこちらです、、、

 

 

そしてその隣に見えるのが函館名物ハセガワストア、、

f:id:souljem:20190529050627j:image

よしまるコンビがホテルで食べていた焼き鳥弁当で有名ですね、、、

 

ちなみに、そのまた隣にあるこちらも人気店、、、
f:id:souljem:20190528013328j:image

カリフォルニアベイビーさん、、、アニメとは関係ありませんが、こちらのシスコライスは絶品だそうですよ、、、

 

どちらも函館にしかないご当地グルメですので、お越しの際は是非お試しを、、、

 

 

 

さて、それではお馴染み、黒澤姉妹の感動のシーン、西波止場に行ってみましょう、、、

 

 

「お姉ちゃんともっと歌いたい、、、ルビィを置いて行かないで、、、」

f:id:souljem:20190530060228j:plain

海と夕焼けが綺麗でとても印象的なシーンでしたね、、、初めて見た時から絶対行ってみたいと思ってました、、、

 

先ほどのラッキーピエロさんのすぐそばです、、、

 

 

 

はい、出ました、、、

f:id:souljem:20190529050448j:image

聖地巡礼名物、、、工事中、、、

 

わ~い、しかも立ち入り禁止、、、

f:id:souljem:20190529070056j:image

う~ん、残念ですがこればっかりはどうしようもないですね、、、我慢です、、、

 

そして、あのシーンの場所はもう二度と戻ってきません、、、

 

アニメの聖地というのはつくづく生ものなのだと痛感です、、、国宝や世界遺産ではないですもんね、、、

 

私たちアニメファンが騒いでいるだけで一般の方々には通常の観光地、、、古くなれば新しくするのが当然の事です、、、

 

この街をもっとより良いものにする為の公共事業ですもんね、、、

 

しかしながら、雰囲気は味わえたので良しとしましょう、、、
f:id:souljem:20190529070053j:image

この辺にあのベンチがあったのですね、、、悲しい、、、


と、、、振り返ってみると、、、

 

 

おお、、、、、、あれは、、、

f:id:souljem:20190531034243j:plain

おおお、、、、、、まさに、、、

f:id:souljem:20190531034151j:plain

 Awaken the powerです、、、

f:id:souljem:20190531034822j:plain

うお~~、、かっこええ、、、

 

美しい、、、

 

 

この風景が見たくてここまで来たと言ってもいいでしょう、、、

 

 

こんなにいきなり現れると思ってなかったのでかなりの衝撃でした、、、(もう少し歩いた場所にあると思ってました、、、)

 

この衝撃は、「スノーハレーション」の行幸通りや、「けいおん!」の豊郷小学校以来だと思います、、、

 

感動です、、、

 

はるばる西日本の片田舎から来た甲斐がありました、、、

 

あまりに感動してしまいましたので、次回はこの坂を少しずつ登りながらじっくりと実況するという、シュールな回にしていきたいと思っております、、、

 

 

なので、続きはその3へ、、、

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、