soul jemの聖地巡礼日記

アニメや歴史の聖地巡礼記録

ラブライブ!サンシャイン‼︎聖地巡礼 函館編 その1

どうも、soul jemです。

 

 

さあ、今回から函館です、、、

 

 

 ラブライブ!サンシャイン!!函館編の主役と言えばやはりこの二人、、、

f:id:souljem:20190517034611j:plain

人とのコミュニケーションが苦手で、姉に依存してばかりだったこの二人が、愛する姉たちに安心して卒業してほしいと奮闘し成長する姿こそ函館編の見どころですよね、、、

 

その一生懸命に頑張る姿と、函館の美しい景色が合わさり心地よく感動するシーンが本編では見事に描かれています、、、

 

そして名曲「Awaken the power」の映像が目に焼き付いて離れません、、、

f:id:souljem:20190518052429j:plain
これは沼津しかり、ラブライブ全編を通して言える事なのですが、、、

 

 

だから行ってみたくなるのです、、、

 

 

遠くても、、、時間が掛かっても、、、お金を費やしてでも、、、この目で本物を見たい、、、

 

 

 

ということで、向かいましょう、、、Saint Snowの住む街、函館へ、、、

 

 

さ~~いこ~~~♪、、、

 

 

 新千歳空港から函館空港までは30分ほど、、、

f:id:souljem:20190520051741j:image

列車でのんびり北の大地を眺めながらというのも良いですが、ここは時間短縮しましょう、、、

 

「承知、、、空間移動使います、、、」

 

 

ぶわさっ、、、、!

 

 

 

さあ、 見えてきました、、、函館空港、、、

f:id:souljem:20190520051744j:image

ワクワクしますね、、、人生初の函館、、、

 

いざ、かの地に堕天、、、

 

 

おお、いきなり見た事ある景色、、、

f:id:souljem:20190521040136j:plain

ここで一年生が上級生に函館に残る事を告げたのですね、、、

 

聖地に来たって感じがします。

 

その証拠にほら、、、

f:id:souljem:20190521042335j:image

とってもシャイニーなアプリ「舞台めぐり」さんで、千歌ちゃんが登場してくれました、、、わ~い!

 

今回もお世話になります、、、

 

皆さんもこの素敵なアプリをダウンロードして色々なアニメの聖地に訪れてみてはいかがですか、、、とっても楽しいですよ!

 

 

さて、ここから函館駅まで向かうには、シャトルバスで30分くらいです、、、

海岸線を通るので景色が本当に綺麗でしたよ、、、

 

 

さあ、ここからが本番、最終呪詛プロジェクトの開始です、、、気合を入れて参りましょう、、、

 

 

JR函館駅

f:id:souljem:20190521041023j:image

素晴らしい天気、、、ありがたや、、、

 

初めて来ましたが、駅舎も駅前広場も新しくて綺麗ですね、、、気持ちがいいです。

f:id:souljem:20190522004741j:image

建設中の新しいホテルもいくつか見られ、これから更に観光地として発展していくのでしょう、、、

 

 

そして、この場所はまさに、、、

 

ドスン、ドスン、ドスン、、、、

f:id:souljem:20190522051240j:plain 

「丸はまるまるっと丸くなったずら〜、、、」の場所ですね、、、

函館でものっぽパン食うんかい、、、っていうシーンですが、、、
f:id:souljem:20190521041020j:image

「よけるべし、よけるべし、よけるべし」の場所でもあります、、、

 

初めての函館に渡辺氏もご満悦のご様子、、、f:id:souljem:20190521041015j:image

いいですね、空のブルーと曜ちゃんがとてもよく合います、、、

自分的に最高に良いショットが撮れました、、、

プリントして部屋に飾ろうか、と思うレベルですがやめときます、、、

 

 

さて、駅の観光案内所でロケ地マップを頂いて、本日のホテルへ向かいましょう。

 

本日のホテルはもちろんこちら、、、

 

 函館国際ホテルさん、、、

f:id:souljem:20190522031220j:plain
まさにaqoursの9人が泊まったホテルです。

 

リアルaqoursの皆さんも「てくてくaqours」のロケで来られてましたね、、、

実際に泊まったのかは分かりませんが、、、
f:id:souljem:20190521041018j:image

アニメ放送時からさらにリニューアルされて、入り口の様子も変わっておりますが、とても高級感があり綺麗でしたよ、、、

f:id:souljem:20190522031330j:plain

そして何より嬉しいのが最上階に展望大浴場がオープンされている事、、、しかも本物の温泉です、、、

これは私のような温泉好きにはたまりません、、、

函館にはとても有名で歴史のある湯の川温泉という場所があるのですが、日程が合わなくてそこまで行けない、、、という方にもオススメです!

 

聖地巡礼と温泉を同時に楽しめる、、、

まさにカレー牛丼みたいなホテルです!

 

沼津の安田屋旅館さん、淡島ホテルさんもそうでしたが、聖地巡礼に温泉旅行が合わさると満足度が一段とアップしますね、、、

 

ではチェックインしましょう、、、

f:id:souljem:20190522031936j:plain

モダンで落ち着いた雰囲気のロビー

f:id:souljem:20190522033949j:image

ひ、広いです、、、

 

現在、函館は台湾との直通便が開通しており、観光客のほとんどが台湾人だと聞きます、、、それに対応する形で拡大リニューアルされたのでしょう、、、

 

お部屋はこんな感じ、、、

f:id:souljem:20190522034129j:image

Aqoursが泊まった部屋もこんな感じだったでしょうか、、、

 

千歌ちゃん達が着ていた部屋着、、、
f:id:souljem:20190522034133j:image

アニメでは水色だったような、、、

リニューアルして変わったんですかね、、、

 

おおっと、のんびりしている時間はありません、、、

天気の良いうちに先ずはベイエリアに行ってみましょう、、、

 

 ベイエリアと言えば函館観光の最前線、、、観光客のほとんどが訪れるスポットとして有名ですね、、、

f:id:souljem:20190525035103j:image

奥に見える高い建物がラビスタ函館さん、朝食の美味しいホテルランキングで常に上位に挙がることで有名ですが、、、函館国際ホテルさんも追いつけ追い越せで、負けてないと思いますよ、、、
f:id:souljem:20190525035057j:image

G W明けに訪れたのですが、気候が丁度良くとても気持ちいいです、、、

冬の函館も素敵ですが、海に囲まれた函館は風が強く、観光や巡礼はかなり過酷なのではないかと、、、

 

おお、、、ここは、、、
f:id:souljem:20190525035053j:image

てくてくAqoursで一年生組が立っていた場所ではないですか、、、
f:id:souljem:20190525035100j:image

海と赤煉瓦のコントラストが良いです、、、

こんな素敵な場所でロケをしてたんですね、、
f:id:souljem:20190525035051j:image

この時点で、はやくも来て良かったと実感した私ですが、、、

目的の聖地にはまだ一つもたどり着いていません、、、さすが函館、、、恐るべし函館、、、

 

さあ、次回こそはこの地のリトルデーモンを探しに、、、

 

それはないズラ、、、

 

待て〜〜い、、、!

 

 

続きはその2へ、、、

 

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、

 

 

新選組と幕末の聖地巡礼 京都編 その6

どうも、souljemです。

 

 

幕末編、実に久々の投稿ですが、、、

 

 

今回ご紹介するのはこちら、、、

 

 

壬生義士伝

f:id:souljem:20190220041434j:plain

新選組大好き浅田次郎先生の力作、、、

 

この作品が面白いのは、土方、近藤、沖田などの主要メンバーではなく、吉村貫一郎というほとんど知られていなかった隊士に焦点を当てて描かれている事、、、

 

この吉村貫一郎という男、、、

監察兼剣術師範というかなりの腕前の持ち主なのですが、とにかく貧乏、、、貧困に苦しむ家族を故郷の盛岡へ残し、出稼ぎのため新選組に入隊、、、

 

守銭奴、金の亡者などと呼ばれるも、家族の為に高額で危険な任務をこなしながらコツコツと故郷に金を送る姿が描かれています。

 

 そんな吉村を見ていた斎藤一は苛立ち、彼を斬ろうとしますが、そこは吉村も剣の達人、、、

「こんなところでは死ねない、、家族のために人を斬る、、、」と抵抗する、、、

f:id:souljem:20190220041546p:plain

っとまあこんな感じで話は続くのですが、、、とにかく吉村の金への執着と家族への愛が凄まじいのです。

 

新選組の物語なので、やはりハッピーエンドというわけにはいかないのですが、印象深いのは、生き残った斎藤一がおじいさんとなって吉村を思い起こすシーン、、、

 

そして、錦の御旗を立てた新政府軍に一人、二刀流で突撃していくシーンは圧巻で忘れられません、、、

 

是非、、、

 

オススメです。

 

 

 

さて、巡礼の続きですが、、、

 

池田屋を出まして、夜の京都の街を歩いてみましょう。

 

すぐそばの三条小橋を渡って、、、

f:id:souljem:20190221204938j:image

この辺りは京都らしい和モダンな雰囲気があっていいですね、、、

 

そしてしばらく歩くと三条大橋に着きます。

 

三条大橋から見た夜の鴨川、、、

f:id:souljem:20190222025933j:image

川の流れる音が心地良いです、、、、、、、、

 

が、ここ、、、斬首された近藤勇の首が晒された場所なんですよねぇ~、、、

 

 

わざわざ生首を板橋からここまで持ってきて晒すとか、、、

 

今ではとても考えられませんが、ふと横を見てみると、、、

 

橋の欄干にはくっきりと刀の跡、、、
f:id:souljem:20190221204934j:image

池田屋から逃走した長州志士たちと、追いかける新選組が激しく斬り合いに、、、

f:id:souljem:20190221150312j:plain

その時の新選組の刀傷と言われています。

 

誰の刀傷なんでしょうね、、、

 

 

しかしながら、やはり長州にとって池田屋事件というのは忌むべき事件であって、だからこそ憎き近藤の首をわざわざここに晒したのかもしれませんね、、、

 

 

 そして河原町の方へ、、、

 

 

こちら坂本龍馬中岡慎太郎が暗殺された場所、、、

 

近江屋跡

f:id:souljem:20190222050513j:plain

マジか!、、、ここで龍馬が、、、

f:id:souljem:20190222050547j:plain

龍馬と中岡慎太郎を殺したのは当初、新選組ではないかと言われてましたが、現在は佐々木只三郎率いる京都守護職の見廻組説が最も有力とされています。

 

歴史的に物凄く重要な場所だと思うのですが、、、

 

 現在かっぱ寿司になっております、、、、、、ってお~い!

 

 

海援隊の本部、、、酢屋(材木商)

f:id:souljem:20190514033345j:plain

 

土佐藩邸跡

f:id:souljem:20190514033523j:plain

など、歴史好きにはたまらないスポットが数多くあるので思わず写真をパシャパシャ撮ってしまうのですが、街ゆく人々は誰も見向きもしません、、、


むしろ、「お前、何やっとんねん、、」みたいな目でみられます、、、



さすが千年の都、、、恐るべし、、、そして愛おしい、、、

 

 

それでは日を改めまして、新選組の二番目の屯所、西本願寺へ行ってみましょう、、、

 

西本願寺と言えば、浄土真宗の総本山、、、

国宝でありユネスコ世界遺産にも登録されています。

 

 

西本願寺

f:id:souljem:20190518051443j:plain

おお〜で、でかい、、、

f:id:souljem:20190518051521j:plain

すごいです、、、さすが世界遺産、、、

漂うオーラ半端ないっス、、、

f:id:souljem:20190518051556j:plain

こちら、新選組関係なくてもかなり見応えあります、、、

f:id:souljem:20190518051642j:plain

しかも、かなり歴史のあるお寺であるにもかかわらず、どこも綺麗に整備されておりピカピカです、、、

荘厳なオーラに包まれて背筋が伸びるようです、、、

 

唐門

f:id:souljem:20190518051726j:plain

これがまたすごい、、、

桃山時代から残された唐門は、あまりに美しいので日が暮れるまで見入ってしまう、、、という事で、別名「日暮門」とも呼ばれています。

f:id:souljem:20190518051752j:plain

彫刻や彩飾が実に細かく施されており、本当に見入ってしまいますよ、、、

このような歴史的に重要な場所に屯所を置くなんて、、、大丈夫ですか?、、、土方さん?



当時、西本願寺は長州の浪人たちをたびたび匿っており、そこに目を付けた土方はここに屯所を置くことにより西本願寺と長州浪人を同時に取り締まろうと計画したのです、、、

これに最後まで反対したのが山南敬助、、、隊を抜ける決定的な要因だったのでしょう、、、、、、悲しい結末になってしまいましたが、、、

 

 

さあ、それでは行ってみましょう、、、新選組の屯所跡、、、

 

 太鼓楼

f:id:souljem:20190519050856j:plain

ここで新選組が、、、土方や近藤、沖田たちが生活していたのですね、、、

f:id:souljem:20190519050822j:plain

あれ、、、小さくない?

 

そう、、、ここに200人近い隊士たちが生活していたわけではなく、この太鼓楼のとなりにある現在、聞法総合施設と呼ばれる場所が主な屯所だったのです、、、(新選組が生活していた建物は現在兵庫県姫路市亀山の本徳寺に移築されています、、)

f:id:souljem:20190519051235j:plain

しかしながらこちらの太鼓楼も屯所の一部だった事には変わりありません。

f:id:souljem:20190519051307j:plain

もちろん中には入れませんが、、、

f:id:souljem:20190519051435j:plain

外側からも見てみましょう、、、

f:id:souljem:20190519051540j:plain

おお、こちらからの方がカッコよく見えます。

f:id:souljem:20190519051610j:plain

f:id:souljem:20190519051636j:plain

なるほど、、、新選組はこちらでも厄介者だったんですね、、、

 

しかしながら、これも土方の策略どうり、、、

 

 

さて、こちらに記されている島田魁という隊士、実に熱い男です、、、

諸士調役兼観察という難しい任に就きながらも土方の右腕として新選組に大きく貢献しました、、、

f:id:souljem:20190523030901j:plain

古参ながら土方と共に函館まで渡り最後まで戦い抜いた数少ない隊士、、、

新選組を愛し土方歳三を心から慕っていた島田ですが、、、

維新後は京都に戻り、屯所であった西本願寺の警備を土方の戒名を持って死ぬまで務めたそうです、、、(詳しくはWikiへ、、感動しますよ、、)

f:id:souljem:20190519051713j:plain

大河では照英さんが演じておられましたね、、、素晴らしい演技でした、、、

f:id:souljem:20190519051737j:plain

ここ西本願寺に訪れてみて、この島田魁という隊士が大好きになりました、、、

 

本当に来て良かったと思います、、、

 

新選組という集団に惹かれて止まないのは、こういう一人一人の隊士たちがそれぞれ信念を持ち、個性的で魅力的だからなのかもしれませんね、、、

 

もっともっと勉強して、新選組を追い続けたいと思います、、、

 

 

読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、

 

 

続きはその7へ、、、















 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










 


 

 

 

ラブライブ!サンシャイン‼︎聖地巡礼 札幌編

どうも、soul jemです。

 

 

さて、前回の沼津巡礼の余韻からなかなか抜け出せないでいる私ですが、、、読んで頂いた皆さんはいかがお過ごしでしょうか、、、

 

このような至らない記事を読んで頂き、本当に感謝です、、、

 

そして平成から令和に変わり、世間はなんと10連休だったと聞きます、、、

 

そして私はなんと怒涛の14連勤、、、

 

いいですね、、、清々しいくらいのブラックぶりを発揮した我が職場ですが、その後に少しばかりの休暇を頂いたので、サンシャイン熱が冷めないうちにと思い、遂にこちらに訪れようと決めたのです、、、

 

 

そう、、、

f:id:souljem:20190511030744j:plain

 函館です、、、

 

Aqoursのライバル、Saint Snowの故郷であり、また伝説のSaint Aqours Snowが生まれた地でもあります、、、

 

ファンの方々にはもう一般教養ですわよね、一般教養、、、

 

しかしながら、もともと出不精で西日本の片田舎に住む私には北海道、さらに函館という場所は少しハードルが高かったのですが、、、

ラブライブの聖地であると共に、私の人生の師と仰ぐ土方歳三が散った場所でもあるということで、死ぬまでに一度は訪れたい、、、と思っていましたのでこの機会に行ってしまおうと決めた次第であります。

 

 私にとって、奇跡のワンシーン、、、

f:id:souljem:20190512041256j:plain

カッコいい~!

 

そう、このシーンで行こうと決めました、、、 

 

この二つの天界的合致がなければおそらく一生実行には移せなかったと思います、、、

 

またしても作品との出会いに感謝です、、、

 

 

ということで、ラブライブ新選組の二つ同時の巡礼となりました、、、

土方歳三の巡礼については「新選組と幕末の聖地巡礼」で紹介したいと思っております、)

 

そして、私にとって初の北海道旅行なのでその観光も合わせて魅力を紹介出来たら、、、と思います、、、

 

少しでも皆様の旅の参考になれば幸いです、、、

 

 

それでは行きましょう、、、あくあ~、、、サンシャイン~!!!

 

 

私の住む街から北海道へは、幸い新千歳まで直行便があり、せっかくなので札幌で一泊してから函館に向かう事にしました、、、

 

(なお、函館に着くまでラブライブ色は一切ないのでただの旅行ブログになってます、、、興味のない方は次回まですっ飛ばしちゃって下さい、、、)

 

すると、新千歳空港の中にこんな場所が、、、

 

雪ミクスカイタウン

f:id:souljem:20190512055510j:plain

雪ミクというのは北海道を応援する初音ミクのこと、、、

f:id:souljem:20190513043815j:image

色々な展示やグッズを売ってますね、、、
f:id:souljem:20190513043806j:image

初音ミク氏といえば、今や日本を代表するサブカルチャーの一つ、、、

f:id:souljem:20190513045553j:image

私もそこまで興味があったわけではないのですが、なかなかどうして、、、
f:id:souljem:20190513043809j:image

とってもキュートでかわいいです、、、

f:id:souljem:20190513043802j:image

この等身大フィギュアなんてカッコよくてテンション上がっちゃいました、、、

 

新千歳空港、、、萌えてます、、、

 

こちらをなんと無料で開放してくれています。

 

他にもロイズのお菓子ミュージアムドラえもんのコーナーなんかもあり、とっても楽しいですね、、、

 

皆さんもぜひ、、、

 

それでは、札幌に向かいましょう、、、

 

ラブライブとは無関係なのでサクサク行きましょう、、、
f:id:souljem:20190513043812j:image

新千歳から札幌まではJR快速エアポートで40分ほど、、、
f:id:souljem:20190513043818j:image

さあ、着きました、、、札幌駅、、、

f:id:souljem:20190513045457j:image

綺麗で都会的な駅ですね。

 

赤れんが庁舎
f:id:souljem:20190513045454j:image

入館無料で、北海道の歴史を学ぶことが出来ます、、、

 

札幌時計台
f:id:souljem:20190513045451j:image

がっかりスポットとして有名ですが、意外と素敵でしたよ、、、

 

大通公園テレビ塔

f:id:souljem:20190513050034j:image

気持ちいい、、、これぞ札幌という風景です、、、

 

まさに王道のド定番コースですが、初めての私には十分楽しめましたよ、、、

 

 

その中でも特に良かったのがこちら、、、

 

サッポロビール博物館
f:id:souljem:20190513050031j:image

お酒好きの方にはたまりませんね、、、
f:id:souljem:20190513050020j:image

事前にプレミアムツアーを予約していたのでガイドさんが丁寧に分かりやすく説明してくれます。

実際に使われていた醸造タンク、、、
f:id:souljem:20190513050017j:image

こちらでサッポロビールの歴史や原材料、製造方法などを学ぶことが出来ますよ、、、
f:id:souljem:20190513050818j:image

見学が終わればお待ちかね、試飲のお時間です、、、
f:id:souljem:20190513050012j:image

創業当時のビールと現在のビールの飲み比べです、、、

創業当時のものは苦味が強く、現在のものはフルーティ、、、と言った感じでしょうか、、、

 

色々学んだ後だからか、どちらもとっても美味しく感じますね、、、
f:id:souljem:20190513050028j:image

家庭で出来る缶ビールの美味しい注ぎ方も教えて頂きましたよ。 

f:id:souljem:20190513050038j:image

こちらで学んでからススキノへ繰り出すのもいいかもしれませんね、、、

 

オススメです!

 

 

さて、夕食はもちろんススキノで、、、

f:id:souljem:20190515003507j:image

北海道と言えばやはりジンギスカンなのですが、旅行初日に煙モクモクで服に匂いがつくのに抵抗があったので、色々調べた結果こちらにしました、、、

 

北海ラムしゃぶ

f:id:souljem:20190515003311j:image

今、札幌でじわじわと流行ってきているそうで専門店も増えているみたいです、、、

 

スライサーで極薄に切られたラム肉を2種類の出汁で軽くしゃぶしゃぶして頂くのですが、これがまた絶品、、、

もともと生で頂けるラム肉を和風出汁にさっとくぐらせて、コクのあるつけだれに付けて頂くと、フワッと口の中でとろけて一瞬で消えてしまいます、、、

 

ラム肉の臭みなど一切なく、いくらでも食べれそうです、、、

 

これがラム肉の一番美味しい食べ方なのでは、と思うほど、、、

 

この美味しさ、、、まさに天界からの貢ぎ物、、、

 

 

サッポロビールやワインともよく合います。

 

野菜もたっぷり食べて、残った出汁にラーメンを入れてシメにしましょう、、、
f:id:souljem:20190515003307j:image

いや〜お腹いっぱい、、、最高でした、、、目からウロコです。

 

皆さんも札幌にお越しの際はジンギスカンも良いですが、ラムしゃぶも是非、、、

 

かなりオススメです!

 

 

それでは、ホテルに戻って明日からの函館巡礼に備えて休むとしましょう、、、

 

 

ラブライブと無関係でしたが、読んで頂いた方々に感謝です、、、

 

 

ありがとうございます。

 

 

続きは函館編へ、、、

 

ラブライブ!サンシャイン!!聖地巡礼 淡島編その8

 

どうも、souljemです。

 

 

長かった沼津聖地巡礼の旅ですが、とうとう今回が最終回になります、、、

 

数えてみると、なんと18回目です、、、

 

それだけ巡る聖地が多かったという事ですね、、、それでも回りきれなかった場所がたくさんありました、、、

 

次回絶対リベンジです、、、

 

 

さて前回の続き、参りましょう、、、

 

今回最期の巡礼スポットになります。

 

こちら、、、

f:id:souljem:20190422060505j:plain

ファンの皆さんにはお馴染みですね、、、

 

そう、物語の終盤、3年生組が卒業後の進路を打ち明けたトンネル、、、

 

それぞれが自分だけで決めた未来、、、

 

とても素敵なシーンでした、、、

 

 

ブルーカーブというのですね、、、

こちらはホテルの宿泊者でなくとも通れますよ。

f:id:souljem:20190423183713j:image

おお~なんと幻想的、、、青い、青いです、、、
f:id:souljem:20190423063048j:image

海の中にいるようです、、、落ち着きます。

f:id:souljem:20190424052457p:plain

とても綺麗で印象的なトンネルなのですが、一体何の為にあるのでしょう、、、

 

来てみて分かった気がします、、、

 

まずこちら、トンネルの途中にワインの保管倉庫があるのです。
f:id:souljem:20190423063042j:image
ワインは温度変化に弱く湿度も重要なので、海に囲まれ石で造られたこの場所は長期保存するにはベストと言えるでしょう、、、

 

なるほど、だからブルーカーブという名前なのですね、、、さすが高級ホテル、、、

 

おそらくこの扉の奥には世界中の名立たる高級ワインが眠っているのでしょう、、、

 

 

そしてもう一つの理由はおそらく、島を散策する人たちからホテル宿泊者の プライバシーを守るためのトンネルなのではないでしょうか、、、(憶測ですが)

 

f:id:souljem:20190424011954j:image

さておき、この様な重要な場所を開放してくださっているのは嬉しい事ですね、、、

 

 

さて、

 

以上で今回のツアーで予定していた聖地を全て巡った訳ですが、、

 

あとは5時間かけて帰るだけです。

 

なんというか、、、非常に名残惜しいですね、、、

 

沼津を離れるのがとても淋しいです、、、

 

何なんでしょう、、、この切ない気持ち、、、

 

もっと沼津にいたい、、、切に思います。

 

 

しかしながら、明日からまた馬車馬の様な過酷な労働の日々が待っているので戻らなくてはなりません、、、

 

そう、まさにウェルカムトゥヘルゾーンです、、

 

 

さあ、気を取り直して、、、お土産にバックトゥーザぴよこ饅頭でも買って帰りましょう、、、

 

ああ、、、あれは東京でした、、、

 

 

う~ん、シャイニー丸が寂しそうに浮かんでいます。

f:id:souljem:20190424012155j:image

ホテルに戻り、お礼を言って荷物を受け取ろうとすると、、、

先日お話を伺った総支配人さんがわざわざ出てこられて、なんと船までお見送りまでして頂きました、、、

 

本当に恐縮です、、、

 

とても穏やかな優しい方で、私の様な者にでも何でも気さくに話して頂けましたよ、、、
f:id:souljem:20190424012159j:image

この方がいなければ、おそらく淡島がラブライブ!サンシャインの舞台になる事はなかったかもしれません、、、

それに私自身もここに泊まれなかったかもしれません、、、

 

感謝です、、、

 

このページをご覧になられる事はないとは思いますが、、、この場を借りて改めてお礼を申し上げたいと思います、、、

 

本当に素敵な思い出を、ありがとうございました、、、絶対また来ますね、、、

f:id:souljem:20190425180339j:image

皆さんもぜひ、日常を忘れて淡島で最高の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか、、、

 

きっと忘れられない思い出になると思いますよ、、、

 

 

さて、、、

 

 新幹線の時間まで少し余裕があったので三島駅周辺を歩いてみました、、、

f:id:souljem:20190426052817j:plain

こちら三島駅は、ハッピーパーティートレインにも登場した伊豆箱根鉄道の出発点です、、、

 

三島駅から少し歩いた場所に源兵衛川という川があるのですが、、、

f:id:souljem:20190427060538j:image

ここ、すごく気に入りました、、、

ラブライブとは関係ないのですが、県外からの巡礼者さんで私のように新幹線待ちの方にオススメです、、、


f:id:souljem:20190427060534j:image

三島は水の都と呼ばれ、富士山の湧き水が漂う街で、なかでもこの源平衛川が街のシンボルとなっているようです、、、

f:id:souljem:20190428050003j:plain

この川の特徴は、川のほとりを歩くのではなく、川の中を歩けるという事、、、
f:id:souljem:20190427060529j:image

水がとても澄んでいてせせらぎの音と合わさってとても気持ちいいです、、、

f:id:souljem:20190428050148j:plain

夏は子供たちが水遊びして、市民の憩いの場になっているそうです、、、

f:id:souljem:20190428050307j:plain

皆さんもぜひ、、、聖地巡礼を終え、ダダ下がりした気分を少し癒してくれますよ、、 

 

オススメです、、

 

 

さて、こうして沼津巡礼旅を終えた訳ですが、振り返ってみると本当に、最高に楽しかったです、、、

 

訪れた場所の全ての人達がAqours愛に溢れていて、私の様なオタクにもとても温かく、優しいのです、、、

 

過疎化と観光客減少、シャッター化する商店街に悩む地方が多い中、、近年、沼津市の観光客数は年々増えているそうです、、、

 

全てがラブライブ!の影響ではないでしょうが、沼津の街や商店街を歩いてみれば、それは一目瞭然といえるでしょう、、、

 

街の住人の方々のaqoursに対する認識も良好で、「たかがアニメなんて、、、」と馬鹿にした空気はひとかけらもありません、、、

 

一部の住民からは、マナーの悪い巡礼者に辟易し快く思われていないと聞きましたが、 3泊4日滞在した私には全く感じられませんでした、、、

 

 むしろ、沼津のスター、aqoursを愛してくれてありがとう、、、みたいな雰囲気で満ち溢れています、、、

 

 

aqoursは現在、沼津市観光大使に就任しています、、、

f:id:souljem:20190503210610j:image

これも、、、

f:id:souljem:20190501042704j:plain

これも、、、

f:id:souljem:20190501043232j:plain

これも、、、

f:id:souljem:20190501043006j:plain

全て沼津の方々のAqoursへの愛情そのものですよね、、、

 

f:id:souljem:20190503210729j:image

このうちわなんて、「未熟ドリーマー」が聞こえてきて、泣きそうになってしまいます、、、


そして、そんな沼津を求めて世界中からからファンが集まる、、、

 

見事です、、、なんて素晴らしいんでしょう、、、

 

アニメが街を救う、、、本当でした、、、感動です、、、

 

アニメツーリズム最大の成功例と言えるでしょう、、、

 

 

これにはやはり、そこに住む住民、運営側、地方自治体の協力があってこそ、、、

 

そして、なにより大事なのは作品の魅力と人気です、、、

 

どんなに作品が素晴らしくても地域の協力が無ければこうはならなかったし、どんなに地域と運営が頑張っても作品に人気がなければ意味がありません、、、

 

 (私の住む街には、最高のアニメの舞台になったにもかかわらず、住民の協力を得られず、衰退していった街があります、、、)

 

この全てが見事に融合し、協力し合い、今の沼津があるのだと思います、、、

f:id:souljem:20190503052227j:plain

 

この作品がなければ、おそらく私は沼津という街を知らずに生涯を終えていたと思います、、

食べ物も美味しく、景色も綺麗、観光資源も豊富で、なにより人が温かい、、、

 

こんな素敵な街を教えてくれたラブライブ!サンシャインに感謝しかありません、、、

 

本当に出会えて良かったと思う作品です、、、

 

 

奇跡です、、、

 

まさにウォーターブルーニューワールドです、、、

f:id:souljem:20190503045509j:image

何度も訪れているファンの方たちの気持ちが分かりました、、、

 

だって、アニメで見た世界に、そのまま入り込んだ様な気さえしてくるのです、、、

f:id:souljem:20190503045914j:image

この作品を観て少しでも「いいなぁ」と思われたのなら絶対に沼津に訪れるべきです、、、

f:id:souljem:20190503050307j:image

ある意味、物語と聖地巡礼がセットになっている作品なので、絶対楽しめると思います、、、

f:id:souljem:20190503050345j:image

そして、そこには必ず探していた輝きがありますよ、、、

f:id:souljem:20190503051401j:image

だって虹がかかったもん、、、

 

 

 

 

長々と書いてしまいましたが、いかがだったでしょうか、、、

 

これから沼津に訪れる方々に少しでも参考になれれば幸いです、、、

 

こうなれば、函館にも行かなきゃですね、、、

 

 

読んで頂いた方々に本当に感謝です、、、

 

ありがとうございました、、、

ラブライブ!サンシャイン!!聖地巡礼 淡島編その7

どうも、souljemです。

 

 

皆さんハグしてますか、、、!

f:id:souljem:20190417051714j:plain

ハグしなきゃ訴えるよ、、、

 

 

ということで、やって来ました果南ちゃんの実家、カエル館、、、

f:id:souljem:20190417180913j:image

見事にアニメで見たまんまですね、、、
f:id:souljem:20190417180929j:image

これ、決まった時、淡島はさぞかし盛り上がった事でしょうね、、、

 

何も知らない人が見たら、松浦果南というスポーツ選手が何かの大会で優勝したのだと思うでしょう、、、

 

ブッブ~ですね。

 

さておき、、、

 

ファンには嬉しいこんな演出も、、、
f:id:souljem:20190417180917j:image
f:id:souljem:20190417180921j:image
f:id:souljem:20190417180933j:image

芸が細かいです、、本当に果南ちゃん家に来たって感じがしますね、、、

 

それにパークの皆さんの作品への愛情も伝わってきます。

 

 

おお、、ここ、曜ちゃんと千歌ちゃんがかき氷食べてたテラスですよね、、、f:id:souljem:20190417180924j:image

そんでもって千歌ちゃんがキーンとなったところですよね、、、
f:id:souljem:20190417180909j:image

 いいですね、、、

 

こうやってシーンを思い出しながら、実物を鑑賞する事こそが聖地巡礼の醍醐味です、、、

遠くからはるばる来た甲斐がありました、、、

 

おお、、さらにこちらは、、、

f:id:souljem:20190418035041j:plain

果南ちゃんがノートを投げ込み、それを取りに鞠莉さんが飛び込んだ場所ですよね、、、

 

「まさか、やるなんて言うんじゃないよね、」

 

「まさか、やらないとか言うんじゃないよね、、、」

 

二人の性格が分かるとっても素敵なシーンでした、、、

 

ここなんですね、、、

 

注意書きにあるように、熱心な果南ファン、鞠莉ファンの方々、くれぐれも物を投げ込んだり飛び込んだりしないように、、、

 

パークの方達が激おこぷんぷん丸ですよ、、、

 

マナーを守って巡礼しましょう。

 

 

さて、それではカエル館の中に入ってみます、、、楽しみです。

 

こちら全国でも珍しいカエルに特化した博物館、、、展示数としては日本一だそうです。

 

私、カエルについては好きでも嫌いでもないのですが、見た事ない色のカエルたちがいっぱいで、思わず見入ってしまいました、、、

 

なんか、ちょっとかわいいかも、、、

f:id:souljem:20190418042920j:image

全国のカエルマニアの方々には有名らしく、大きな一眼レフカメラで熱心に撮影されてる方がいらっしゃいましたよ、、、

 

コバルトヤドクガエル
f:id:souljem:20190418042907j:image

わかりますか、、、

青いです、、、すごい青いです、、、これ、庭で見かけたら焦りますよね、、、

 

 

ズアカヤドクガエル
f:id:souljem:20190418042910j:image

なんだこれは、、、なんかすごい、、、絶対毒ありますよね、、、

これ、庭で見かけたらちびりますよね、、、

 

 

マツウラカナンガエル
f:id:souljem:20190418042915j:image

なんだこれ、、、異様に可愛いです、、、少し毒があるみたいですが、、、

これ、庭で見かけたら飛びつきますよね、、、

 

 

いや~カエル館、、、実に興味深いです、、、皆さんもぜひ、、、

 

 

さて、カエル館を楽しんだ後はこちら、、、

 

ラブライバーにはお馴染み、、、

 

淡島神社

f:id:souljem:20190418061733j:image

本殿までは、急な山道を登って往復50分、、、汗だくになる事必至です、、、
f:id:souljem:20190418061740j:image

登ろうかどうか迷いましたが、やめておきました、、、なにぶん、年寄りなもので、、、
f:id:souljem:20190418061730j:image

登られる方はしっかり準備と体調を整えて無理のない様に、、、


水分補給はすぐ側にあるこちらで、、、
f:id:souljem:20190418061736j:image

Aqoursウォーター150円なり、、、

ランダム搬出でないのが良心的ですね。

 

こちらにも直筆サインが、、、

f:id:souljem:20190418184211j:image

Aqoursの皆さんも登ったんですかね、、、

 

さて、、、
f:id:souljem:20190418184206j:image

少しずつ春の兆しが見えてきましたね、、、

 

それでは淡島をてくてく一周してみましょう。

 

 

淡島橋
f:id:souljem:20190418184202j:image

海と緑、朱色の橋のコントラストがとても綺麗です、、、絵になりますね、、、

 

 

獅子岩

f:id:souljem:20190419182503j:image

おお、まさにライオンが橋を食いちぎろうとしています、、、


f:id:souljem:20190419182506j:image

なるほど、、、勉強になります。
f:id:souljem:20190419182510j:image

反対側から、、、

 

淡島が石で出来ているのがはっきりと見て分かります、、、

私、地質学に詳しい訳ではないのですがとても興味深いですね、、、

 

 

こちら、以前は釣り堀だったようです。
f:id:souljem:20190419182459j:image

現在は封鎖されております、、、

 

 

実は、宿泊中に淡島ホテルの総支配人の方とお話しをさせて頂く時間があったのですが、、、

ここ淡島は、私有地ではなく国の国立公園としての扱いで、マリンパークとホテルが家賃を払って営業されているそうなのです、、、

f:id:souljem:20190420044314j:image

島の管理は借り主であるパーク側が受け持つそうで、行政は一切入り込まないとのことです、、、
f:id:souljem:20190420044255j:image

そのため、度重なる台風や豪雨災害にも自分たちだけで対応していかなければならない状態なのだそう、、、
f:id:souljem:20190420044302j:image

特に2017年の台風21号の被害は甚大で、今もこの様に爪痕が深く残っています、、、
f:id:souljem:20190420044305j:image

お話しによると、押し寄せる波と強風で温泉浴場のガラスが全て割れ、噴水のある庭園などもほとんど水没したそうです、、、

 

ヘリポートもこの有り様です。
f:id:souljem:20190420044258j:image

やはり、波風を直に受ける島の海側の被害が大きく、岩やコンクリートをこれほどまで砕く波風は想像を絶するものだったそうです、、、

 

本当に痛ましい光景です、、、
f:id:souljem:20190420044310j:image

これをパークやホテルのスタッフで自ら直していかなければならないそうです、、、

 

生半可な労力では出来ません、、、

 

淡島ホテルの経営は、毎年の台風との戦いだともおっしゃってました、、、

 

総支配人さんも休みの日は修復工事をされているそうです、、、

 

そういえばホテルの工事をされている作業員の方が「いらっしゃいませ」とか「ごゆっくりどうぞ」など笑顔で話しかけてこられたので、感じのいい作業員さんだな、、、と思っていたのですが、なるほど、、、ホテルマンの方だったのですね、、、

f:id:souljem:20190421191004j:image

貴重なお話をありがとうございました。

 

 

この記事を見て、淡島の復興を少しでも応援したいと思われる方がいらっしゃいましたら、、是非とも日頃の仕事を頑張って、淡島ホテルで最高のひとときを楽しみましょう、、、

 

いえ、、、マリンパークに訪れるだけでも十分ですよ、、、

 

私たちに出来る事はそれしかありません、、、

 

 

わたしも、絶対また来ますね、、、

 

次回は駿河スイートか淡島スイートに泊まれるよう頑張ります、、、

 

 

 

続きはその8へ、、、

 

読んで頂いた方々に感謝です。

 

ありがとうございました。